伝説のゲーム「龍が如く」オリジナルドラマ化!桐生一馬に憧れるワルたちの成り上がり物語

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「龍が如く」オリジナルドラマ製作発表会見が行われ(左から)江口カン監督、福山翔大、名越稔洋監督、葉山奨之、矢本悠馬、手塚真生が登壇した

 シリーズ累計800万本を超える大ヒットPS2専用ゲーム「龍が如く」のオリジナルドラマ製作発表会見が20日、都内で行われた「セガフェス」内で開かれ、出演する葉山奨之矢本悠馬福山翔大手塚真生江口カン監督、「龍が如く」シリーズ総合監督の名越稔洋が登壇した。

伝説のゲーム「龍が如く」オリジナルドラマ化! 桐生一馬に憧れる 画像ギャラリー

 「龍が如く」は「大人向けのエンタテインメント作品」をコンセプトに、2005年に誕生したドラマティックアクションゲーム。伝説の極道・桐生一馬を主人公に、巨大歓楽街に生きる男たちの愛、人情、裏切りが絡む熱い生き様を描いている。

[PR]

 今回制作・配信される「龍が如く 魂の詩。」は完全オリジナルストーリー。12月8日に発売されるゲーム最新作「龍が如く6 命の詩。」の舞台・尾道から神室町にやってきたワル(不良)3人組の友情と成り上がりと破滅の物語。

 名越監督は、ドラマ化に意欲を持つも「無理して作るつもりはなかった」ことから、いろいろな面で折り合いがつかない状況を見て、「夏頃に、この話はなくなると思った」という。ところが、江口監督との出会いにより「納得できるものが撮れる」と確信し、ドラマ化を促進。まだ撮影中とはいえ、「しびれる内容になっています」とファンの期待をあおった。名越監督から絶大な信頼を得た江口監督も自信満々。「地上波と違って表現に制限がないから思いきりできるので、残虐なところとかもかなり見ごたえがあり、本格的な感じになっています」と笑顔を見せた。

 ゲームの大ファンという主人公・岡達也役の葉山は「ゲームの世界に入り込んでいる感じがします」と微笑みながら、毎日筋肉痛になりながらアクションシーンに臨んでいることを報告。矢本は、福山と共に自身よりも高身長の役のために、靴に十数センチものインソールを入れたり、この時期に薄着で撮影に挑んだりして苦労していることを明かしつつ、「男は男らしくという大好きな世界観に入り込めたことは、役者としてもうれしい」と喜んだ。

 主題歌は湘南乃風「HORIZON」に決定。メンバーのRED RICESHOCK EYEはビデオメッセージで、わずか2週間で仕上げた曲が「エッジの効いた鋭いナイフのような楽曲になっています」とアピールした。(取材/錦怜那)

ゲオのオリジナルドラマ「龍が如く 魂の詩。」はゲオの動画配信サービス「ゲオチャンネル」にて11月30日より独占配信
DVDはゲオショップ全店にて2017年1月11日より独占レンタル開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]