染谷将太、岡田准一を「岡田さま」と呼ぶ傾倒ぶり!相思相愛の仲みせつける

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ブレずに俺のことをかわいがってくれる - 染谷将太

 岡田准一染谷将太が10日、都内で行われた映画『海賊とよばれた男』初日舞台あいさつに登場し、相思相愛ぶりを見せつけた。この日は、吉岡秀隆鈴木亮平野間口徹ピエール瀧綾瀬はるか小林薫山崎貴監督も登壇した。

初日舞台あいさつ写真ギャラリー

 タイトルにちなみ、「岡田准一は○○とよばれた男」を発表することになったキャスト陣。「ブレないとよばれた男」とした染谷は「佇まいも芝居もブレない」と絶賛する。岡田は「そめやん、今、俺ブレブレだから」と照れ臭そうにするが、染谷が「ブレずに俺のことをかわいがってくれる」とつけ加えると、「そこはブレてないけどね」と断言。

[PR]

 そして「そめやん、俺のこと大好きみたいなんですよ。俺が好きなのかも……」と明かすと、自身も「(染谷の)全身でいじってと発している感じが好き」と告白。すると染谷も「岡田さんには『岡田さん』って言いますけど、裏で第三者と話すときには『岡田さま』と呼んでいます」と傾倒ぶりを打ち明け、岡田を驚かせた。

 そのほか、鈴木は「パパラッチとよばれた男」と評し、1日の撮影が終わると、岡田がこっそり激写した鈴木の気の抜けた表情の画像をスマホに送ってきていたことを暴露。小林は、岡田が武術の師範代であることから「師範とよばれた男」と表すと、「まさかジャニーズが務めているとは思っていなかった。古武道とか、まぁ殺し合いですよね。そういうものの師範代らしいんですよ」とひょうひょうと話し、「殺し合いはまずいですね……」と岡田をタジタジにさせた。

 本作は、百田尚樹のベストセラー小説の実写映画化作品。明治から昭和にかけて数々の困難を乗り越え石油事業に尽力し、“海賊”とよばれた国岡鐡造(岡田)の生きざまと、彼を支える仲間と最愛の妻との絆が織りなす重厚な人間ドラマを、VFXを駆使して壮大に描き出した。(取材:錦怜那)

映画『海賊とよばれた男』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]