シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

なぜ言っちゃった…「中絶したかった」に批判殺到

なぜ言っちゃった…「中絶したかった」に批判殺到
口下手で… - レナ・ダナム - Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images

 米テレビドラマ「GIRLS/ガールズ」のクリエイターで主人公ハンナを演じているレナ・ダナムが、ポッドキャスト「ウイメン・オブ・ジ・アワー(原題) / Women of the Hour」で中絶を経験したかったとコメントし、炎上しているとPeople.comなどが報じた。

 レナは何年か前にテキサス州の家族計画連盟で、中絶の経験についてコメントを求められた際、即座に「中絶はしたことはないわ」と答えたという。その時、女性が中絶する権利を主張しながらも、自身にはその“汚点”がないことをはっきりさせようとする自分に気付いたとのこと。それにショックを受け「今でも中絶はしたことはないけれど、したかった」とコメントしたのだ。

 レナの発言は中絶を軽視していると批判が集中。「文章の才能がある女性なのに、なんでこんな間違ったことを言うのかしら?」「中絶と言うのはしたくてすることじゃないわ。サンタからの贈り物のようにもらうものじゃない、ひどい経験なのよ」「中絶はとても難しい選択よ。フローズンヨーグルトのお店に立ち寄るような気楽なことではないわ」と多くの女性がTwitterなどでコメント。また「実際に中絶しなければならなかった女性に対し、レナ・ダナムのコメントがどれほど不快なものか想像もつかない」とつぶやいている男性もいる。

 これに対しレナは、ポッドキャストで語りたかったのは、アメリカにおける生殖選択の多面性だとInstagramでコメント。中絶を軽視するつもりはなく、中絶への関心を向上させるとともに、悪いイメージを減らしていくことを目標にしており、それがうまく言い換えられなかったと言っている。

 レナは今回の失言でニューヨーク、テキサス、オハイオ州の中絶の権利を支持する団体に多額の寄付をすることを約束した。(澤田理沙)


キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2016年
  3. 12月
  4. 24日
  5. なぜ言っちゃった…「中絶したかった」に批判殺到