スタローンが立ち往生?いら立ち謝罪受け入れず…代理人はうわさを否定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
妻&娘たちに囲まれご満悦のシルヴェスター・スタローン(1月8日ゴールデン・グローブ賞授賞式にて) - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 3人の娘がゴールデン・グローブ賞のアシスタント的役割を担うミス・ゴールデン・グローブを務めたにもかかわらず、父親のシルヴェスター・スタローンが客席にいなかったことが話題になっている。

男優賞を受賞したケイシー・アフレック、真相は…【写真】

 Peopleなどによると、スタローンは映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で男優賞(ドラマ)を受賞したケイシー・アフレックマット・デイモンケネス・ロナーガン監督と同じテーブルに座るはずだったという。しかし、テーブルに空席は1つしかなく、妻のジェニファー・フレイヴィンを従えたスタローンはテーブル脇で立ち往生。だが、席を用意するために、誰も動こうとしなかったそうだ。

[PR]

 いら立ち、ばつが悪そうにしていたスタローンは控室に行き、そこで妻と一緒に授賞式を過ごしたとのこと。スタッフがすぐに席を用意したというが、スタローンは戻らなかったという。ケイシーは受賞後、スタローンに出くわし、謝罪を試みたそうだが、スタローンは受け付けなかったと報じられている。

 この報道に対し、スタローンの代理人は面白いうわさだと否定し「シルヴェスター・スタローンはゴールデン・グローブ賞に出席し、プレゼンターも務め、家族や友人と楽しい夜を過ごしました」とコメント。一方、ケイシーの代理人はノーコメントとしている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]