『ロボコップ』「NCIS:LA」のミゲル・ファーラー死去 ジョージ・クルーニーのいとこ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りします。 - ミゲル・ファーラーさん - Paul Archuleta / FilmMagic / Getty Images

 米テレビドラマ「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」「女検死医ジョーダン」や映画『ロボコップ』などで知られる俳優のミゲル・ファーラーさんが、現地時間1月19日に自宅にて、がんのため亡くなったとDeadlineなどが報じた。61歳だった。

ミゲルさんのいとこジョージ・クルーニー【写真】

 ミゲルさんは俳優ホセ・ファーラーさんと歌手で女優のローズマリー・クルーニーさんの息子で、ジョージ・クルーニーのいとこにあたる。1980年代に「特捜刑事マイアミ・バイス」「私立探偵マグナム」「白バイ野郎ジョン&パンチ」などへのゲスト出演でキャリアをスタートさせ、1990年に「ツイン・ピークス」の捜査官アルバート・ローゼンフィールド役でレギュラーに。新作でも同役で出演している。「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」には第3シーズンからオーウェン・グレンジャー役で出演していた。

 同ドラマのショーランナー、R・スコット・ゲミルは声明で「本日、『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』は愛する家族の一員を亡くしました。ミゲルはとてつもない才能と存在感、ユーモアのセンス、そして大きなハートの持ち主でした。彼の妻ロリーと息子たち、家族全員にお悔やみ申し上げます。惜しい人を亡くしました」とコメントしている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]