仮面ライダースペクター・山本涼介、シスコンキャラから卒業し等身大の役柄に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
今後の俳優活動への思いを明かした山本涼介

 俳優の山本涼介が5日、都内で行われた「山本涼介カレンダー2017.04-2018.03」発売記念イベントに出席し「いまは仮面ライダーの印象が強いと思うので、そのイメージを超えられるような作品やキャラクターを演じていけたら」と抱負を語っていた。

仮面ライダースペクター・山本涼介、シスコンから卒業し、等身大の役柄に! 画像ギャラリー

 2011年から俳優活動を開始した山本だが、2015年10月放送開始の「仮面ライダーゴースト」に仮面ライダースペクター / 深海マコト役で出演し、知名度を上げた。「1年以上演じた役で、深海マコトと一緒に自分もいろいろな成長ができました。ライダーに出演するのが目標だったので、やっとスタートラインに立てたという印象です」と昨年を振り返ると「マコトは重度のシスコンキャラだったので、同年代の子に恋するような等身大な役に挑戦したいです」と今後の俳優活動に思いを馳せていた。

[PR]

 カレンダーでは四季折々の風景と共に、山本の飾らない表情がおさめられているが「2016年は仮面ライダーに出演し、主演舞台(「サバイバーズ・ギルト&シェイム」)も経験させていただき、大きな責任感が芽生えた年になりました。春と冬では、そういった表情の違いも出ていると思います」と作品の見どころをアピールした。

 今月14日はバレンタインデーだが「仮面ライダーに出演させていただいたおかげで、昨年はたくさんのチョコレートをいただきました」とライダー効果があったことを強調していた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]