ADVERTISEMENT

カノン・工藤美桜&紗羽・滝裕可里「仮面ライダージャンヌ&アギレラ」参戦!花の悪魔も登場

カノン&紗羽もガールズリミックスに合流!
カノン&紗羽もガールズリミックスに合流! - (c)東映特撮ファンクラブ (c) 2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 8月21日より東映特撮ファンクラブ(TTFC)で配信される「仮面ライダージャンヌ&仮面ライダーアギレラ withガールズリミックス」第2話に、「仮面ライダーゴースト」で深海カノンを演じた工藤美桜と、「仮面ライダービルド」で滝川紗羽役を務めた滝裕可里が出演することが決定した。

【画像】仮面ライダーダークアギレラに変身!夏木花の悪魔

 「仮面ライダーリバイス」のスピンオフ配信ドラマ第三弾として、五十嵐さくら/仮面ライダージャンヌ(井本彩花)と夏木花/仮面ライダーアギレラ(浅倉唯)の戦いを描く本作。鳴海亜樹子(山本ひかる)、大門凛子(高山侑子)、ポッピーピポパポ(松田るか)、イズ(鶴嶋乃愛)、仮面ライダーバルキリー(声:井桁弘恵)、神代玲花(アンジェラ芽衣)といった歴代女性キャラクターたちが集結したガールズリミックスも登場する。

ADVERTISEMENT

 眼魔世界から登場する深海カノンは、仮面ライダースペクターに変身する深海マコト(山本涼介)の妹。自らも仮面ライダーカノンスペクターに変身したことがあるが、心配性な兄・マコトは、妹を危険にさらしたくないという。

 一方、ジャーナリストとして活動する滝川紗羽は、スパイとして育成された経歴から卓抜した情報収集能力を誇り、身体能力も高い。敵組織ついて独自に調査していた過程で、ガールズリミックスに合流する。

 第2話では、秘密結社ブラックサタンの襲撃を退けた花が、手紙の主である夏木ユリ子と対面。花はユリ子に自分が小さかったころの思い出を聞かされ、少しずつ心を許していく。一方、さくらたちはユリ子が“電波人間”と関係していることを突き止め、ガールズリミックスを結成。途中で紗羽とカノンとも合流し、花の元へたどり着くが、そこにいたのは意外な姿をした花だった。

 新たに公開された場面写真には、漆黒のドレスを身にまとった花の悪魔の姿が。彼女は仮面ライダーダークアギレラへと変身し、さくらに襲いかかる。

 工藤と滝裕のコメント全文は以下の通り。(編集部・倉本拓弥)

工藤美桜(深海カノン役)

女性ライダー勢揃いということで、その中に私も入って戦えるのが本当に嬉しかったで
す!! 先輩方やそれぞれの世界の方との共闘はグッとくるものがありました……! そして女性ライダーならではの強さと美しさ、そして可愛らしさがそれぞれのキャラクターで表現されていて、観ている皆さんにも存分に魅力を堪能していただける作品になっていると思います。
監督が坂本監督ということは……?!なアクションも……カノンちゃん、強くなっています。カノンちゃんの成長も感じていただけたら! 本編だけではなくエンディングなどにも注目です!! 皆さん、キャラクターの性格が各々忠実に表現されていますし、……可愛いの渋滞です!(笑)

滝裕可里(滝川紗羽役)

「仮面ライダービルド」の放送が終わって4年。まさかまた滝川紗羽を生きられるとは思っていなかったです。それと同時に、ガールズリミックスという《女の子達が戦う》という新しい企画に呼んで頂けて素直に嬉しく思いました。「ビルド」だけではなく、今までに演じさせて頂いた『仮面ライダーW(ダブル)RETURNS 仮面ライダーアクセル』の葛木葵(2011)、「仮面ライダーゴースト」白瀬マリ(2015)をも思い出させてくれる脚本に愛を感じ有難いなと思いました。私にとって初めての特撮作品の出演となった『仮面ライダーアクセル』でお世話になった坂本監督作品ということもまた縁を感じました。撮影では滝川紗羽史上、一番戦った気がしています(笑)さすが坂本組! といった感じでしたね。今までは逞しいライダーの背中を見てきましたが、華奢で可憐なライダーたちの背中もまたカッコよくて鳥肌が立ちました。沢山の仮面ライダーファンの方に楽しんで頂ける作品に参加できて本当に光栄です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT