すごいキャスト!ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」が17年経っても最強すぎる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
あれからもう17年かー!? 写真は窪塚洋介&妻夫木聡

 2000年に放送され、大ヒットしたテレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」。当時、若手注目株だった出演者たちが17年たった今まさにドラマ・映画界をけん引する俳優となっている。

【写真】妻夫木聡がスキンヘッドで血まみれ…

 石田衣良の同名小説を原作に、脚本を宮藤官九郎、演出を堤幸彦らが手掛けた同作は、当時の若者文化に大きな影響を与えるほどの一大ブームとなった。21歳だったTOKIO長瀬智也が主演を務めたほか、若手俳優が集結し、この出演をきっかけに人気に火が付いたキャストも多い。

[PR]

 公開中の映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを果たした窪塚洋介や、猟奇殺人鬼や同性愛者などを演じここ数年でイメージと異なる顔を見せる実力派・妻夫木聡がそのよい例で、さらに加藤あい坂口憲二佐藤隆太小雪が出演していた。

 ほかにも、アイドル・俳優として当時から変わらず絶大な人気を誇る山下智久や、昨年のヒット作『シン・ゴジラ』でブレイクした高橋一生、個性派として光る演技を見せる阿部サダヲの17年前の演技は必見。日本を代表する俳優の渡辺謙や、森下愛子遠藤憲一らベテランもそろっていることで安定感もありつつ、当時の若い才能がぶつかり合うさまは、今でも十分見ごたえがある。

 ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」は池袋西口公園(ウエストゲートパーク)周辺を根城とする主人公のマコトが、高校時代の同級生でギャング集団「G-BOYZ」のタカシ(通称キング)ら仲間の力を借りながら、警察も手を焼く難事件を解決していく青春サスペンス。2000年4月~6月にTBSで放送された。(山田貴子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]