シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

魚喃キリコ「南瓜とマヨネーズ」が実写化!臼田あさ美、5年ぶり映画主演

魚喃キリコ「南瓜とマヨネーズ」が実写化!臼田あさ美、5年ぶり映画主演
魚喃キリコの代表作が映画に 「南瓜とマヨネーズ」 - (C)魚喃キリコ/祥伝社フィールコミックス

 映画化もされた「blue」「strawberry shortcakes」などで知られる漫画家・魚喃キリコ(なななん きりこ)の代表作「南瓜とマヨネーズ」が実写映画化されたことが明らかになった。女優の臼田あさ美が5年ぶりに映画主演を務める。

 「南瓜とマヨネーズ」は、女性の切ない恋模様をリアルに描きながら、あたりまえの日常の大切さを説いた恋愛漫画。主人公はミュージシャンを目指す恋人・せいいちと同棲中のツチダ(臼田)。ある日、大好きだった昔の恋人・ハギオと再会した彼女は、彼にのめり込んでいくうちに自分の気持ちを見失っていく。

 根強い支持を集める原作の実写化に挑んだのは、『パビリオン山椒魚』『ローリング』の冨永昌敬監督。企画への着手にあたり、「魚喃さんが描いたツチダそっくりな人を」と4年も前から臼田に主演をオファーした。せいいちはドラマ「ゆとりですがなにか」などの太賀、ハギオは冨永監督と『パビリオン山椒魚』以来のタッグとなったオダギリジョーが演じる。

 4年ものラブコールを受けた臼田は、「映画を作りました。と、こうして皆様に伝えられること、ツチダとして過ごした時間、せいちゃんが太賀さんだったこと、ハギオがオダギリさんだったこと、すべてが尊くて、大切で、嬉しいです。そして 4 年も前に声をかけてくださった監督の冨永さんと、やっとの想いで特別な日常を収めました。1999年の魚喃キリコさんが誕生させたツチダが 2017年の今も相変わらず元気でやってます」としみじみ語る。

 そんな臼田について冨永監督は「似ているのは顔だけではなかった気がします。ツチダは臼田さん以外にありえません。臼田さん本人もそう思ってるはずです」とコメント。また太賀は「冨永組として『南瓜とマヨネーズ』を作っていく過程は、役者としてあまりにも濃密で幸せな時間で、撮影を終えた今でも、心地の良い余韻がまだ残っています」と撮影を振り返っている。

 3人のほかにも、ツチダのキャバクラの同僚役で清水くるみ、ツチダが愛人関係となるサラリーマン・安原役で光石研、せいいちのバンド仲間役で浅香航大、若葉竜也、大友律、岡田サリオらが出演。音楽家・やくしまるえつこが音楽監修・劇中歌制作を担当した。

 冨永監督は、近年の青春恋愛映画を象徴するような「壁ドン」「顎クイ」といった過剰な演出には一切頼らず、原作世界の忠実な再現に挑戦。観客の心に突き刺さる等身大の恋愛映画を目指した。その出来栄えに、原作者の魚喃は「みごとにのまれた、感謝!」と太鼓判を押している。(編集部・入倉功一)

映画『南瓜とマヨネーズ』は新宿武蔵野館ほかにて11月全国公開


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2017年
  3. 3月
  4. 4日
  5. 魚喃キリコ「南瓜とマヨネーズ」が実写化!臼田あさ美、5年ぶり映画主演