シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

スカヨハ、実写版「攻殻機動隊」主演に不安もあった…来日して心境明かす

スカヨハ、実写版「攻殻機動隊」主演に不安もあった…来日して心境明かす
ビートたけしと笑顔のスカーレット・ヨハンソン

 女優のスカーレット・ヨハンソンが16日、都内で行われた映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』来日記者会見に出席し、世界的にファンの多い作品の実写化にプレッシャーを感じていたと明かすも「成長できた」と満足げな表情を見せた。この日は共演のビートたけし、ジュリエット・ビノシュ、ピルー・アスベック、ルパート・サンダーズ監督も来場した。

 押井守や神山健治によるアニメ作品などでも知られる士郎正宗のSFコミックを、ハリウッド実写化した本作。脳以外は全身義体の少佐(スカーレット)が指揮する捜査組織公安9課の活躍が描かれる。ショートヘアにマニッシュな装いで登場したスカーレットは「東京に来ることができてうれしく思います。長い旅となりましたが、この作品をようやく紹介することができて興奮しています」と感無量だった。

 全世界で愛される「攻殻機動隊」の主人公を演じるということで、「最初、アニメを観たときは、この作品をどうやって実写化するのか道筋が見えなかったため、不安がありました。これだけ愛されている原作に関わることができて光栄だったし、責任も感じていました」と述懐するスカーレット。しかし「今回の“少佐”という役柄を演じることは感情的にも肉体的にも大変でしたが、この役が成長を遂げたように、自分自身、人間としても役者としても成長を感じた作品となりました」と確かな手応えを感じているようだった。

スカーレット・ヨハンソン、ジュリエット・ビノシュ
来日したスカーレットとジュリエット・ビノシュ

 一方、公安9課の指揮をとる荒巻を演じたのはビートたけし。「やっと(宗教団体の)幸福の科学から出られて、今度はこの映画のためにも創価学会に入るのがいいんじゃないかと思っておりますが」と強烈なジョークで切り出すも、「今回、ものすごく大きなバジェット(予算)の映画に出られて、自分でもいい経験になった。そして役者としてどう振る舞うべきなのかをスカーレットさんに本当によく教えていただいた。さすがにこの人はプロだと。それくらい素晴らしい映画ができたと思います」と誇らしげ。

 ハリウッドと日本映画の違いについては、「自分が監督をやるときは非常に簡単。カメラも最高で三つで、かつワンテイクが多いけども、ハリウッド映画だと5台も6台も使う」とたけし。「ただ歩いているシーンを撮るだけなのに、歩いたら『グッド、ワンモア(いいね、もう一度)』。もう一回歩くと『ナイス、ワンモア』。その後は『ベリーグッド、ワンモア』『エクセレント、ワンモア』『ジーニアス、ワンモア』と。こんなにたくさん撮るならそりゃお金がかかるよなとつくづく思いました」と撮影を振り返った。

 さらに「コミックやアニメを実写化すると必ず文句が出てくるというのは定説ですが」と続けたたけしは、「この映画は原作に忠実でありながら、なおかつ新しい要素が入っていて。大きなスクリーンで観ていただければ、迫力があって。いかにディテールにもこだわっているかがよくわかります。もしかしたらアニメの実写化作品で、初の成功例じゃないか」とコメント。すかさず「唯一の失敗は、(自身が演じる)荒巻じゃないか」と付け加えて会場を盛り上げた。

 そんな一大プロジェクトを見事、完成までに導いたサンダーズ監督は「とにかく原作の士郎さん、(アニメ版を監督した)押井(守)さん、(神山)健治さんといったクリエーターの皆さんに恥じないような作品を作らなければならないとプレッシャーを感じていました。でもそういうプレッシャーの中で仕事をするのは大好きで、今回も疲労困憊(こんぱい)になり、狂気の中をさまよっていましたが、それでも最高のものを作るんだという気持ちでした」と晴れやかな表情。「カットのスタイルやペースは日本映画を意識した部分があって、(黒澤明監督の)『醉いどれ天使』と『ブレードランナー』が出会ったような感じです。それは大きなチャレンジでしたが、題材が素晴らしいからこそできたことです」と胸を張った。(取材・文:壬生智裕)

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は4月7日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2017年
  3. 3月
  4. 16日
  5. スカヨハ、実写版「攻殻機動隊」主演に不安もあった…来日して心境明かす