ヒトラーは大衆を操作できる映画の力を理解していた…コッポラら巨匠が分析する映画と戦争

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「伝説の映画監督 -ハリウッドと第二次世界大戦-」キーアート

 31日夕方帯より全世界で配信開始されるNetflixのオリジナルドキュメンタリーシリーズ「伝説の映画監督 -ハリウッドと第二次世界大戦-」に出演しているフランシス・フォード・コッポラ監督が、映画とプロパガンダについて言及。その例として第二次世界大戦中、ナチス・ドイツを率いていた独裁者アドルフ・ヒトラーを挙げて語った。

「伝説の映画監督 -ハリウッドと第二次世界大戦-」予告編

 本作はコッポラのほか、スティーヴン・スピルバーグギレルモ・デル・トロポール・グリーングラスローレンス・カスダンというハリウッドで巨匠と呼ばれている5人の監督のインタビューから、映画がどのように国民の戦争への意識を操作するために影響したのか、そしてその時代でハリウッドが担っていた役割は何だったのかを探る作品。当時は『ローマの休日』『ベン・ハー』のウィリアム・ワイラー、『或る夜の出来事』のフランク・キャプラといった名監督も、戦地に赴いて戦争を題材にした映画を撮っていた。彼らの意図は、意志はどこへ向かっていたのか。

[PR]

 コッポラは「最も純粋な形である映画は、プロパガンダに利用することができてしまう」と説明。また彼は「ヒトラーとナチス宣伝相のヨゼフ・ゲッベルスは、大衆の思想を思い通りに操作できる映画の力を理解していた」とも語る。さらに本作の製作総指揮も手掛けているスピルバーグは、「映画はサイレント時代初期から人を酔わせるものだった。そしてハリウッドは早くから、映画が変化をもたらすための強力な道具あるいは武器であることに気付いていたんだ」と明かしている。

 ナレーションはシリーズを通して、女優のメリル・ストリープが担当。またNetflixは同作の配信と同時に、シリーズ内で取り上げられている当時制作された13本の映像作品も配信するという。(編集部・井本早紀)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]