とにかく明るい安村、マイナス13キロの肉体改造に挑戦

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
失敗したら全財産カジノ

 お笑い芸人のとにかく明るい安村が27日、映画『ビニー/信じる男』応援隊長就任イベントに出席し、映画公開の7月までに現在93.1キロある体重を80キロまで減量することを宣言。もし失敗したら、カジノで全財産だという200万円を賭けることを約束した。

【写真】現在93.1キロの安村

 本作は、交通事故から奇跡の復活を遂げたボクシングの元世界チャンピオン、ビニー・パジェンサの生涯を追った人間ドラマ。ビニー役を映画『セッション』のマイルズ・テラーが演じる。

[PR]

 どん底からの“奇跡の復活”というキーワードで応援隊長にキャスティングされた安村。昨年3月に不倫騒動で週刊誌をにぎわせ、どん底を味わったことに「僕は芸能生活事故を起こしてしまって、タレント頸椎(けいつい)をぐちゃぐちゃにしちゃいました。奥さんや子供は優しかったのですが、実母と兄が『何やってくれたんだ!』って怒って疎遠になっちゃいましたね」と騒動を振り返ると、「まだぐちゃぐちゃのままで復活できていませんが、早く這い上がりたいです」と本音をチラリ。

 そのきっかけとして、この仕事で大幅な肉体改造に挑むという。この日は、劇中で主人公がはいているものと同じヒョウ柄のきわどいパンツで登場した安村は、公開体重測定を行い現在93.1キロあることを伝えると、約2か月で80キロまで体重を落とすと宣言。食事制限とジムに通って本格的な肉体改造に臨むことを明かすと、ミット打ちや縄跳びを披露したが、途中、普段と違うパンツのため、見えてはいけないものが見えそうになるハプニングも。

 前途多難(?)な船出となったが、痩せたらできなくなってしまう「安心してください、はいてますよ」ネタを「これが見納めです」と披露。さらに「僕は自分を信じています。絶対成功します」とやる気満々の表情を見せていたが、報道陣は疑いのまなざし。安村は「信じてくださいよ!」と懇願するが「信じられないこと(不倫)しちゃったじゃないですか!」とつっこまれタジタジになっていた。

[PR]

 しっかりと肉体改造が成功したあかつきには、WEB版ポスターがマイルズ・テラーが演じるビニーから安村に変わるというが「そうしたらハリウッドに行きたいですね。そしてボクシングをやりたいので(ロンドンオリンピックで金メダルを獲得した)村田諒太選手と対戦したい」と大きな野望を語り、「失敗したらどんなペナルティーを?」と質問されると、少々考えた挙句「僕の全財産をビニーのようにカジノで賭けますよ」と仰天発言をし会場を沸かせていた。(磯部正和)

映画『ビニー/信じる男』は7月全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]