『銀魂』とのキャスト被りに意図は?実写『斉木楠雄のΨ難』キャスティングの裏側

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
同級生役の二人!山崎賢人&新井浩文 - (C) 麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

 週刊少年ジャンプで連載中のギャグ漫画「斉木楠雄のΨ難」が実写映画化される。メガホンを取ったのは、実写版『HK/変態仮面』や『銀魂』を手掛けた福田雄一監督だ。昨今、人気漫画の実写化が立て続いているが、“原作モノ”というだけで厳しい目を向けられることがあるのも事実。それだけに、製作側もキャスティングには相当慎重にならざるを得ない。本作の出演者はどう決まったのか、監督・プロデューサー陣が明かした。

【全9枚】実写映画『斉木楠雄のΨ難』キャラクタービジュアル

 昨年9月に報道陣に公開された同作の撮影現場には、山崎賢人(斉木楠雄・さいきくすお)、橋本環奈(照橋心美・てるはしここみ)、新井浩文(燃堂力・ねんどうりき)、吉沢亮(海藤瞬・かいとうしゅん)、笠原秀幸(灰呂杵志・ハイロキネシ)、賀来賢人(窪谷須亜蓮・くぼやすあれん)といったキャストが集結した。本作には、ほかにもムロツヨシ(蝶野雨緑・ちょうのうりょく)、佐藤二朗(神田品助・かんだぴんすけ)らが出演する。

[PR]

 このメインキャストが明かされた際には、今夏に公開を控える『銀魂』とのキャスト被りを指摘する声が多く上がった。実に、橋本、新井、吉沢、ムロ、佐藤が『斉木楠雄のΨ難』と『銀魂』両作品に出演している。このことについて、意図はないと説明する松橋真三プロデューサー。「福田監督の中には演技プランみたいなものがあって、自分の求めていることをちゃんと表現できる人しかキャスティングしないんです。つまり、過去に合格点を出している人たちが残っていて再構築されている、という感じです」。そうした信頼がある上で、福田監督には「キャストが重なりすぎでは」と話したこともあったが、「ある番組で見た話なのですが、あだち充さんの漫画の登場人物は顔が全部一緒じゃないですか。あだちさんは『これは僕の劇団員です』って言うんですよね。『劇団員なので今回彼はこの役、彼女はこの役という風に毎回劇団員が新しい役をやっている、それでいいじゃないですか』と言っているっていうのを見て、それで笑いが取れるのであればいいや! って思ったんですよ(笑)」と納得したという。

主演の山崎賢人と福田雄一監督 - (C) 麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

 そんな中、主演に決まったのは経験、実績共に若手の中では頭一つ飛びぬけた存在の山崎。コメディー映画初主演にして「全員が目を疑った」というほどに振り切った演技を見せるこの山崎を主演にすえるというのが、福田監督が本作の映画化のために課した条件だった。福田監督は山崎について、「最近のいわゆる“イケメン俳優”というテリトリーの中で、ものすごく生っぽさを感じました。ちょっと違うかもしれないですけど、いわゆる素朴さだったり、まだむけてない感みたいなものをすごく感じて、その生々しい感じにすごく好感が持てました」とポテンシャルと魅力を語る。

 今作で山崎が演じるのは、ピンクの髪に色つきメガネ、頭にアンテナのようなもの(超能力制御装置)をつけたインパクト大のビジュアルに加え、生まれながらに超能力を持つ主人公・楠雄。その上、原作では超能力を使い相手の頭に直接言葉を送り込むため、楠雄は言葉を発しないのだ。これまで山崎が演じてきた役のイメージとは大きく異なる役どころだが、北島直明プロデューサーは「福田監督が描くこの世界の中で生きている山崎賢人はどうなるんだろう、と考えるのが本当に楽しみでしょうがなかった。青春ものだったり、ボーイミーツガールのスウィート映画にずっと出ていた山崎賢人が、完全に真逆に振り切った役をやって、しかもしゃべらないんですよ! これはもう楽しみ以外の何物でもないですよね」と期待感をあらわにする。

 山崎の思い切った演技は、橋本との共演により相乗効果で生みだされたとも福田監督は明かす。楠雄は基本的には冷静なツッコミポジションなのだが、橋本演じる“照橋さん”の妄想の中でのみハジけた姿を見せる。橋本には『銀魂』の撮影でも「ものすごい顔をずっとさせていた」ことから、「照橋さんの顔遊びは環奈ちゃんなら100%できる自信があったから、最初に環奈ちゃんにやってもらったんです。これは演出上での僕の作戦だったのですが、環奈ちゃんが、ガッって顔を崩した時に、単純に賢人くんも『あ、ここまでやっていいんだ、俺も』っていう認識ができたと思うんです。そこからというもの、賢人くんはカンがいいので、全く手間いらずになって。『こんな感じかな?』って、もう勝手に僕が思った3割増しぐらいでやってくれていたので(笑)。だからほんとにファンの方のみならず、こんな顔してる山崎賢人初めて見たなというシーンが目白押しですよ」。

 本作は、生まれながらに最強の超能力を持つ16歳の高校生・斉木楠雄が災難に巻き込まれていく日々を描く学園エンターテインメント。強烈な個性を放つキャラクターたちをそれぞれのキャストがどう演じているか、秋の公開が待たれる。(編集部・小山美咲)

映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]