デヴィッド・リンチの謎を紐解くドキュメンタリー映画、来年日本上陸へ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
デヴィッド・リンチに迫る一本!『デヴィッド・リンチ:ジ・アート・ライフ(原題)』海外版ポスター

 映画『イレイザーヘッド』『マルホランド・ドライブ』やテレビシリーズ「ツイン・ピークス」など数々の作品を手掛けてきた鬼才デヴィッド・リンチの謎に迫るドキュメンタリー映画『デヴィッド・リンチ:ジ・アート・ライフ(原題) / David Lynch: The Art Life』が、2018年に日本公開されることが明らかになった。

『デヴィッド・リンチ:ジ・アート・ライフ(原題)』海外版予告編

 1990年代に空前のブームを起こした「ツイン・ピークス」シリーズの25年ぶり新シーズンの2エピソードが、5月17日から開催される第70回カンヌ国際映画祭にてプレミア上映されるなど、今再び世界を騒がせているリンチ監督。

[PR]

 映像作品のみならず、絵画、立体、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているリンチ監督は、映画界でも得体の知れない存在だ。そんなリンチ監督の謎を紐解く本ドキュメンタリーでは、監督のプライベート映像を交えながら、監督自身が幼少期の家族との思い出や、同居人であったJ・ガイルズ・バンドピーター・ウルフ、後に『ストレイト・ストーリー』『マルホランド・ドライブ』の美術監督を務めることになるジャック・フィスクとの出会い、そしてフィラデルフィアでの暮らしや妻ペギーの出産を経て、長編映画デビュー作『イレイザーヘッド』に至るまで語る。

 海外予告編では、「存在しない世界をまるごと想像できる。そこにはとてつもない自由がある」などと創作についてのリンチ監督の言葉が響きわたる。「絵を描いたり何かするたびに、新しいアイデアが浮かんでくる。だが、しばしば過去がアイデアを生み出し、色付けをする。だから新しいアイデアであっても、過去が関わってくるんだ」とも語っており、リンチ監督の作品には過去の恐怖や苦悶の記憶が大きく反映されていることがわかる。デヴィッド・リンチファンには見逃せない一本と言えそうだ。(編集部・石神恵美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]