シネマトゥデイ

ピューリッツァー賞受賞9.11ドラマ化にアレック・ボールドウィン CIA長官役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
CIA長官ジョージ・テネットを演じるアレック・ボールドウィン - Mike Windle / Getty Images for Turner

 ローレンス・ライトのピューリッツァー賞受賞作「倒壊する巨塔 -アルカイダと『9.11』への道」をHuluがドラマ化する「ザ・ルーミング・タワー(原題) / The Looming Tower」に、アレック・ボールドウィンが出演すると The Wrap などが報じた。

妻&子供と3ショット【写真】

 10エピソードからなる同ドラマは、オサマ・ビン・ラディンとアルカイダの台頭の脅威と、CIAとFBIの対立が、うかつにも同時多発テロと、その後のイラクでの戦争のお膳立てをしてしまった可能性などを描く予定。

 アレックは当時のCIA長官ジョージ・テネットを演じる。ほかには「ニュースルーム」のジェフ・ダニエルズがニューヨークのFBIテロ対策ユニットのトップ、ジョン・オニール役で出演するほか、ピーター・サースガードビル・キャンプなどが共演する。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]