ピアノを弾く中島健人が美し過ぎる…『ここさけ』涙、涙の予告編

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『心が叫びたがってるんだ。』WEB版ポスター - (C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (C)超平和バスターズ

 2015年の大ヒットアニメーション映画を実写化する青春ラブストーリー『心が叫びたがってるんだ。』(7月22日公開)の予告編で、Sexy Zone中島健人芳根京子石井杏奈寛一郎らメインキャストの涙、涙のシーンが一部公開となった。

とにかく泣ける実写版「ここさけ」予告編

 予告編は、幼少期のトラウマが原因で言葉を発せなくなったヒロイン・順(芳根)が、クラスメイトの拓実(中島)に涙ながらに想いを伝えようとする場面からスタート。ベートーヴェンの「悲愴」2楽章をBGMに、拓実の中学時代の元カノで今もなお彼を想い続ける菜月(石井)、ケガが原因で挫折した野球部の元エース、大樹(寛一郎)ら「伝えたいこと」を封じ込めた面々の気持ちがあふれ出していく胸アツのシーンが続く。

[PR]

 石井、寛一郎の10代ならではのピュアな泣き顔に加え、「いつも私の気持ちわかってくれて……キモいんだよ!」と拓実に激情をぶつける順のガラスのように繊細な内面を体現した芳根の熱演は圧巻。さらに、いつからかクラスメイトと本音で付き合えなくなっていた拓実が、「傷ついてもいいからお前が本当にしゃべりたいこと全部聞きたいんだ」と順の苦悩を受け止めようと努力し、変化していくさまを多彩な表情で演じてみせた中島の好演が泣かせる。とりわけ、彼が夕陽が差し込む中ピアノを弾くシーンは少女漫画のような美しさだ。

 気になるクライマックスの「地域ふれあい交流会」のミュージカルシーンも一部見られ、悩み傷つきながら前に進もうとする10代の青春のきらめきが凝縮された映像となっている。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]