連続殺人・レイプ犯のフィリップ・ストロー再登場!「Major Crimes」第6シーズン

両ドラマに強い印象を残しているフィリップ・ストロー役のビリー・バーク
両ドラマに強い印象を残しているフィリップ・ストロー役のビリー・バーク - Gabriel Olsen / FilmMagic / Getty Images

 キーラ・セジウィック主演で人気を博した刑事ドラマシリーズ「クローザー」(2005~2012)で連続殺人・連続レイプ犯のフィリップ・ストローを演じ、スピンオフドラマ「Major Crimes ~重大犯罪課」にも同役で登場したビリー・バークが、同スピンオフ第6シーズンに再び出演するとTVLineが報じた。

【写真】キーラの夫はケヴィン・ベーコン

 ビリーは2009年2月に米放送された「クローザー」のエピソードで初めてフィリップ・ストロー役として出演。その後のスピンオフでも登場した。計5エピソードにしか出ていないキャラクターながら、その頭の切れと悪役ぶりは両ドラマに強い印象を残した。

[PR]

 一度は刑務所送りになったストローだったが、判事を殺し、現在は逃走中。彼を捕まえるために重大犯罪課の面々は、ストローの真の動機を予測し、彼が必死に探している女性の身元を割り出そうとする。

 「Major Crimes ~重大犯罪課」の第6シーズンは13エピソードが製作され、今秋から米放送がスタート。「マイ・ライフ ~私をステキに生きた方法~」でナタリーを演じたジェシカ・メラズが刑事のカミラ・ペイジ役で新レギュラーとして加わるほか、「アンダーグラウンド(原題) / Underground」のアミラ・ヴァンが特別捜査官ジャズマ・フェイ役で複数エピソードに出演することが発表されている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]