アンガ田中、ピース綾部より先にハリウッドデビューしたい!『デスノート』監督に猛アピール

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
た……田中ッ!?

 お笑いコンビ・アンガールズ田中卓志が24日、都内で行われたNetflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』ジャパンプレミアに登場し、留学予定のピース綾部祐二より先にハリウッドデビューを画策し、アダム・ウィンガード監督に猛アピールした。この日は、ナット・ウルフレイキース・スタンフィールドマーガレット・クアリーマシ・オカ(プロデューサー)、スペシャルゲストのベイビーレイズJAPANも登壇した。

【画像】確かにこれは悲鳴もの……リューク姿の田中

 人気コミック「DEATH NOTE」(大場つぐみ原作、小畑健作画)をハリウッドで実写化した本作では、死神リューク(ウィレム・デフォー)が落としたノートを駆使し、悪人を葬り去る闇の存在となったライト・ターナー(ナット)の運命が、謎の名探偵・L(レイキース)と1人の同級生(マーガレット)により大きく変わっていくさまが描かれる。

[PR]

 この日田中は、死神リュークにふんして現れると、アダム監督に「クオリティーを見てくださいよ! すごいでしょ。次回作があったら出してほしいの。俺はハリウッドデビューしたいんだから!」と猛プッシュ。しかし、アダム監督には「タイツがとてもセクシーだね」とかわされてしまい、田中は「綾部より先にデビューしようと思ったのに」と肩を落として残念がった。

 すると見かねたマシが「一芸が必要なんじゃないですか? カニとかやってみます?」と田中のネタを優しくアシスト。ところが、実際に披露しても会場には悲鳴が響くだけで、アダム監督の心には全く刺さっていない様子。さらに、MCから「田中死神がまとわりついて来たら?」と質問が飛ぶと、マーガレットは「デスノートに彼の名前を書きます」と回答。全てを諦めた田中は「あんまり苦しくないやつにして。『(趣味の)盆栽を見ていたら死ぬ』にしてほしいです」とリクエストしていた。(取材:錦怜那)

Netflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』は8月25日より世界同時配信

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]