『スター・ウォーズ』R2-D2&新ドロイドをスマホで操作!BB-8もアップグレード!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
BB-9E、R2-D2、BB-8 - (C) & TM Lucasfilm Ltd.

 映画『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、R2-D2、BB-8、そして今年12月15日に公開予定の最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場予定の新ドロイドBB-9Eが、iOSかAndroidのスマホアプリで操作する玩具「スマートトイ」として販売開始、その再現度の高い、ハイスペックな機能の数々が披露された。

【写真】R2-D2、BB-8、そしてBB-9Eが手元に!

 今回の玩具は、以前、スマホと連動して動くBB-8を販売したSphero社が9月1日に、最新作『最後のジェダイ』の関連グッズを全世界同時に発売する「Force Friday II」に合わせて発売したもの。中でもR2のトイは、二脚から三脚歩き、さらに加速も可能。内臓のLEDライトがチカチカと光り、ビープ音も鳴るなど、全高17センチ、全幅10.8センチ、重量370グラムという小型サイズながら、その再現度は驚くべきものだ。

[PR]

 映画そのもののユニークな動きが忠実に再現できるだけでなく、AR(拡張現実)を使用したグラフィック空間で、ミレニアム・ファルコン、レジスタンス・クルーザーといった映画に登場した場所を動き回らせる機能もついている。また、ブルーレイ/DVDや配信で『スター・ウォーズ』シリーズを一緒に観ていると、そのシーンに合わせて声や動作で反応。まさにドロイドたちと一緒に映画を観ているような気持ちになってくるのも楽しい。

 そして今回、ファースト・オーダーをサポートする、好戦的な新ドロイドBB-9Eも発売。こちらのトイは全高9センチ、全幅7.3センチ、重量223グラムとなり、頭部に象徴的なLEDライトを搭載。また、センサーが人の気配をとらえると、そこに反応する無線システムも強化している(こちらは2017年秋に対応予定)。また、2015年に発売されたBB-8も、AR(拡張現実)機能に対応するなど、アップグレードを果たしている。スクリーンから飛びだしたドロイドたちを手にすると、12月の新作への期待が大いに高まりそうだ。(取材・文:壬生智裕)

「R2-D2 App-Enabled Droid」「BB-9E App-Enabled Droid」「BB-8 App-Enabled Droid」は発売中(オープン価格)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]