足立梨花に黒羽麻璃央が“よこしまな気持ち”おさえて放った衝撃のセリフ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
許しちゃう!?足立梨花とよこしまな気持ちをおさえたという黒羽麻璃央

 町麻衣による人気漫画を実写映画化したラブコメディー『アヤメくんののんびり肉食日誌』の完成披露イベントが2日に都内で行われ、ダブル主演の黒羽麻璃央足立梨花が登壇し、撮影中のエピソードなどを披露した。

【写真】はじける笑顔の足立梨花

 大学の生物学科研究室を舞台に、恐竜オタクの帰国子女・アヤメ(黒羽)と骨格マニアの先輩女子・椿(足立)が織り成す一風変わった恋愛模様を描く本作。この日は共演の佐伯大地尾関陸、主題歌を担当したedda、メガホンをとった芝崎弘記監督も出席した。

[PR]

 椿を戸惑わせる“ロールキャベツ男子”なアヤメを演じた黒羽は自身の役どころについて「よくわからない人間。何も考えていない方がいいのかなって、ぽーっとした感じで演じていたらいいお芝居が出来ました」としみじみ語った。

 相手役を務めた足立に対しても「梨花姉さんにも引っ張ってもらいました」と感謝しているという黒羽は、「ようやくこの映画をみなさんのもとに届けられることを嬉しく思っております。この日が早くくればいいと思っていたので幸せな気持ちです」と充実の表情を見せた。

完成披露イベントに出席した『アヤメくんののんびり肉食日誌』の面々

 また、劇中には「おっぱい触らせてもらっていいですか」と椿にアヤメが言うシーンもあるというが、このセリフが話題に上がると黒羽は「よこしまな気持ちをおさえて言いました。衝撃的でしたから」と照れ笑い。一方、足立の方は「普通にいけばビンタですけど、わたしはおっぱいが小さいのでそんなにないおっぱいを褒めてもらえるのは滅多にない。もしかしたらびっくりした弾みでいいよって言ってしまうかも」と話して会場をわかせた。

 「不安もありましたが、完成した作品を観て、思ったより何百倍も面白くしてもらったなと思いました」と作品の完成度にも自信たっぷりの黒羽は、共演者の佐伯が「面白かった」と試写を観た感想を述べるのを聞いてホッとしたというエピソードなどをにこやかに明かしていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』は10月7日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]