真瀬樹里、母・野際陽子さん役でドラマ出演「母がつないでくれた縁」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
真瀬樹里と黒柳徹子役の清野菜名 - (C)テレビ朝日

 今年6月に亡くなった野際陽子さんの娘で女優の真瀬樹里が、テレビ朝日で10月からスタートする帯ドラマ「トットちゃん!」(毎週月~金 12:30~12:50)で若かりし頃の野際さんという役どころを担当することが明らかになった。真瀬は「母が最後に出演した『やすらぎの郷』と同じ枠の帯ドラマということで、母がこの“縁”をつないでくれたのかな」というコメントを発表している。

【画像】貴重!黒柳徹子、実の両親との3ショット

 本ドラマは40年以上にわたって「徹子の部屋」の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍してきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く作品。清野菜名が徹子を演じ、これまで映像化されていなかった「窓ぎわのトットちゃん」の時代からもエピソードを抜粋し、初めて明かされる黒柳の“国境を越えた恋”もストーリーにふくまれている。

[PR]

 徹子と野際さんの出会いは、60年以上前のNHK。NHKの専属女優だった黒柳とNHKの新人アナウンサーだった野際さんは局内で出会い、すぐに意気投合。社員食堂に集っては、仕事や恋愛について語り合う大親友になったという。真瀬の出演についても徹子から直々にオファーがあり、野際さんが亡くなってまもなく、「黒柳さんから 『今度、こういうドラマがあるのでぜひ参加してください』とお話がありました。そこでは役柄については何もお聞きせず、『ぜひやらせてください』とお返事した」と真瀬は明かしている。

 「ここ最近、台本を読んだり、髪を切ったりなど準備をはじめた私のことを、母は天国から『あらあら……!』と笑って見ているのではないかなと思います」と語る真瀬。これから始まるという撮影に向けて「私の中の100%、いえ120%の力を出して精一杯演じていきたいですね。『トットちゃん!』という作品の世界に入って、古きよきあの時代を表現していきたいと思います」と意気込みを語っている。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]