「ゴシップガール」セリーナ役、ジェニファー・ローレンスもオーディション受けていた!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ジェニファー・ローレンス
ジェニファー・ローレンス - Gilbert Carrasquillo / Getty Images

 ブレイク・ライヴリーがブレイクするきっかけとなった米テレビドラマ「ゴシップガール」のセリーナ役のオーディションを、オスカー女優ジェニファー・ローレンスも受けていたことを共同クリエイターのジョシュ・シュワルツが同ドラマの10周年インタビューでVultureに明かした。

【写真】セリーナ役でブレイクしたブレイク・ライヴリー

 それによるとジョシュ自身、彼女のことは記憶になく、言われて知ったことだという。「当時は気づいていなかったけど、ジェニファー・ローレンスがすごくセリーナを演じたくてオーディションを受けていたんだ。人伝えに聞いた話なんだけど、彼女は確かにオーディションを受けていて、落ちたことにがっかりしていたらしい」とのこと。オーディションテープを観たのかと聞かれると「僕らがそのテープを観たのか覚えていないんだ。10年も前だからね。彼女が何歳のときだ? 15歳?」と印象には残っていないようだ。

[PR]

 一方のブレイクは、セリーナ役をオファーされたとき女優を辞めて大学に進学するつもりで、一度は断ったことを Vanity Fair に語っている。「そうしたら、『週一でコロンビア大学に行っていい。番組が始まって1年が過ぎたら落ち着くだろう。普通の生活に戻れるだろうし、学校に行けるようになるよ。正式な文書にすることはできないけど、通えることは約束するよ』と言われたので、『わかったわ。やります』って返事をしたの」とブレイクは振り返る。結局、番組が大ヒットしたおかげで、ブレイクは大学に通うことはできなかったが、今ではライアン・レイノルズと結婚。2児の母となり、ハリウッドを代表するファッションアイコンとなっている。

 一方のジェニファーも、2010年の映画『ウィンターズ・ボーン』でアカデミー賞初ノミネートを獲得。2012年には『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、2013年と2015年にもノミネートされる大女優へと成長している。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]