シネマトゥデイ

平野紫耀、赤髪の不良役で映画初主演!ジャニーズJr.の仲間たちの反応は?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒロインの手元にはお弁当!

 少女漫画を実写化する『honey』で、“赤髪の不良”というインパクト大の役どころに挑み、映画初主演を遂げるMr.KINGジャニーズJr.平野紫耀。報道陣に公開された撮影現場にて、ジャニーズJr.の仲間たちとのエピソードや「実は天然」という素顔が明かされた。

【写真】制服姿のキャスト陣が可愛い&カッコいい!

 原作は、目黒あむの人気漫画。平野が演じる鬼瀬大雅は、平祐奈ふんするヒロインの女子高生・小暮奈緒に結婚を前提とした交際を申し込む。そんな二人の恋路を描く本作は、平野にとって映画初主演作であり、初めて挑む本格的ラブストーリーでもある。

[PR]

ヒロインを務める平祐奈

 オファーを受けた時は、隣に森本慎太郎SixTONES/ジャニーズJr.)がいたそう。「僕は作業しながら電話に出たので、携帯をスピーカーフォンにしていたのですが、『平野、honeyの映画をやることになった』と言われて。(森本の方を)パッと見たら拍手していましたね。でも僕から言うのは恥ずかしくて……。(メンバーの)みんなには映画をやることを言っていませんでした。髪の毛を赤くしてからようやくみんなに言うことができました」と振り返る。

 この日は、学校を舞台に鬼瀬が奈緒に手作り弁当を手渡すシーンなどが撮影されたのだが、同シーンは鋭い眼光で誰もが恐れる不良男子である鬼瀬のピュアな内面が垣間見える大事な場面。鬼瀬という役を務めるにあたり、平野は同じMr.KINGの高橋海人に助言を受けたという。「彼は少女漫画が大好きなので、僕よりも先に原作を読んでいたんです。鬼瀬というのはピュアで、一途で、女の子を大切にしていて、料理ができて……ということを一つ一つ教えてくれました。でも『不良だから目つきはきつくしないとね』と、なぜかアドバイスを受けました」と笑う平野。

共演する横浜流星

 共演者の横浜流星によれば、平野は「最初はしっかりしている人だと思っていたら、実はすごく天然」なのだとか。さらに横浜は「祐奈ちゃんの方も天然をさく裂させていて。とても明るい雰囲気だなと思ったんです。撮影中も“ひらひらコンビ”(平野&平)といって、コントみたいなことをしていたことがありました」と語る。今回の取材の場でも「やっちゃう?」という平の提案により、報道陣の前でコントを披露。明るい性格のムードメーカーである平の存在で、人見知りだという平野もすっかり現場に打ち解けており、「普段はそういうタイプじゃなくて、Mr.KINGでも意外にクールなんですよ。主演だと思いすぎるとプレッシャーになるのですが、だからこそみんなと仲良くして、現場を一つにしたいなと思って頑張っています」と主演としての自覚も芽生えている様子。

 そんな平野について、本作のメガホンを取った神徳幸治監督も「運動神経や瞬発力もあるし、やっぱり画になるなと思います。お芝居もルックスも力があって、見ていて飽きないし、それは持って生まれた存在感だと思う。やればやるほど、もっともっと撮りたくなる役者ですね」と称賛していた。(取材・文:壬生智裕)

映画『honey』は2018年3月31日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]