山崎賢人も驚愕…橋本環奈は「面白の大御所感」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ギャグにガチで取り組んだ山崎賢人&橋本環奈

 「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画『銀魂』の福田雄一監督が人気ギャグ漫画を実写化した『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)で初共演を果たし、渾身のギャグを披露した山崎賢人橋本環奈。コメディー初主演の山崎が、受け身ではなく監督に自ら提案するという演技に対する熱い姿勢を見せたことを嬉々として語る福田監督。だがその山崎も驚いたのが、『銀魂』の神楽役でも白目で鼻をほじったことで注目を浴びた橋本のツワモノっぷり。今回も顔中の穴という穴を自ら開いて演じたという橋本を、福田監督は「面白の大御所感がある!」と評した。

【映像】山崎賢人が超能力者に!映画『斉木楠雄のΨ難』予告

 「『勇者ヨシヒコ』シリーズが好きだったので、福田さんとご一緒したかったんです」と早々笑顔を見せた山崎。初参加の福田組で共演者が次々と振り切っている姿に、山崎自身にも「コメディーをやりたい欲」が芽生えたのだとか。一方の監督は、はじめ山崎に対して「どうリクエストをしようか」と悩んでいたそう。だがそのときに「現場で賢人くんが、ふっと『志村けんさんってどんな(スイカの)食べ方してましたっけ?』って言いにきてくれたんです」と山崎から歩み寄ってきたことを述懐する。

[PR]

 だがこれは福田監督とのあるエピソードがあったからこそ。それは衣装合わせのときだった。山崎は当時を振り返り、「僕が監督に『何か準備したほうがいいことってありますか?』って聞いたら、『なんもいらない』っておっしゃったんです(笑)。それ以来、作品のことは監督にはあまり聞かないように、なるべくこちらから提案していこうって決めていました」と語る。そしてスイカの早食いや意味不明のダンスシーンの追加を監督に提案したりと、アイデアを次々に監督へぶつけていったのだとか。

 だがそんな山崎が共演者の中でも驚愕したのが、橋本の振り切った芝居ぶり。「ヤバイ! って思いました。撮影当時は『銀魂』が公開前で、あれが福田さんの演出なのか、環奈ちゃんが自分で持ってきた演技プランなのか、よくわからなくて(笑)。でも、自分もやらなければ! という気持ちになりました」と告白する。

劇中の斉木楠雄(山崎賢人)と照橋心美(橋本環奈) - (C) 麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

 橋本演じる照橋心美は、見た目は清純な美女だが、内面ではどうやって男子生徒を手玉にとろうかと考えている腹黒美少女。だが山崎ふんする超能力者の高校生・斉木楠雄は、心美の黒い心を読めるため、心美は彼から毎回スルーされてしまう。そんな心美について福田監督は、「どんなにアピールしても斉木に無視されるわけだから、彼女はどんどんショック状態になっていく。そのエスカレートぶりを顔でも表現していこうとしたんです」と語る。そんな心美役の橋本へのオーダーは、「目、鼻の穴、口を限界まで同時に開くこと」だったそう。

 橋本は撮影時を振り返り、「もう、酷でした。福田監督はオーダーが細かい。実際にやってみてもらうとわかると思うんですけど、口を最大限のその先まで開いたら、目が閉じちゃうんですよ(笑)」と訴える橋本。だが『銀魂』の神楽役で「白目で鼻の穴を開ける猛特訓をさせられた」というだけに、「監督がよろこぶツボは心得ている」とのこと。福田監督も、「最後はどこの穴も開きまくって、すごい顔になっている。それで『ハイオッケー』と言うと、『あ、お疲れです。ウエーイ』みたいなリアクションをしてくれて。もう、面白の大御所感がハンパなかった(笑)」と橋本の「美しさより面白さを探求する姿勢」を大いにほめ称えていた。

 山崎らに監督は「トップクラスの主演俳優が、面白いアイデアを自ら提案してくれる。それが本当にうれしいんですよ」と感無量な様子。その山崎&橋本の全力演技に加え、ムロツヨシ佐藤二朗ら福田組の常連たちも参戦したギャグ合戦が、いよいよ開幕する。(取材・文:斉藤由紀子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]