オスカー俳優ケヴィン・スペイシー、少年へのセクハラ謝罪&カミングアウトに非難殺到

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ケヴィン・スペイシー - Amanda Edwards / WireImage / Getty Images

 過去2度のアカデミー賞の受賞経験があるオスカー俳優のケヴィン・スペイシー(58)が、自身のTwitterを通して、少年時代に彼にセクハラを受けたという主張する俳優に対して謝罪。また同声明の後半で彼はゲイであるとカミングアウトしたが、SNS上では「失望した」「言い訳にもなっていない」「注意をそらそうとしている」と批難が殺到している。

ケヴィン・スペイシーを告発したアンソニー・ラップ

 きっかけは、ドラマ「スター・トレック:ディスカバリー」や映画『RENT/レント』に出演している俳優のアンソニー・ラップ(46)による、Buzzfeed Newsのインタビュー記事での告発。子役時代から舞台を踏んでいたアンソニーがまだ14歳だった1986年のこと、アンソニー少年は当時26歳だったケヴィンのアパートに招かれ、酔っているケヴィンにベッドの上で口説かれたという。そして押し倒されるような格好になり恐怖で凍り付いたというアンソニー少年だが、その後は解放されたとのこと。アンソニーは「もっと恐ろしいことが起こらずに非常に幸運だった」と振り返っているが、この少年時代の経験は彼にトラウマを与え、今もケヴィンを見ると気分が悪くなることを明かしていた。

[PR]

 その記事が拡散されると、ケヴィンは自らのTwitterで長文の声明を画像として掲載。「わたしは俳優アンソニー・ラップに対して多大なる尊敬と称賛の念を抱いています。彼の話を聞いて非常に驚きました。正直に申し上げると、わたしは当時のことを覚えていません。30年以上も前のことでした。しかし、もしもわたしが彼に対してそのような行動を取っていたならば、非常に不適切な酔っぱらいの行動をしていたならば、わたしは彼に心から謝罪をしたいと思っています。そして彼が語ったように長年不快な思いを抱かせてしまったことに申し訳なく思います」とコメント。

 またケヴィンはその謝罪に続いて、「またこの話でわたしは、自分の人生における別件についても対処するべきだと奮起させられました。わたしに対するさまざまなうわさ話が、プライバシーが守られていることでより助長されてしまっていることを理解しています」とコメント。「近しい方々が知っているように、わたしは男性とも女性とも関係を持ちました。人に愛され、ロマンチックな出会いを送る中で、ゲイの男性として人生を送ることを選びました。正直にオープンにしていきたいと思います。まずは自分の行動について調査することから始めたい」と同声明文の中でケヴィンは“カミングアウト”も行った。

 だがこのカミングアウトに対して世間からは、アンソニーが告発した問題への関心をそらそうとしているのではないかという声も。ケヴィンのTwitterには、「あなたがゲイであるかどうかに関心が寄せられているのではありません。わたしたちは、あなたに幼い少年が襲われそうになったということに心配しているのです」「犠牲者に関する話をあなたの話にすりかえているのでは?」「あなたは事件を覚えていないのに、酔っていたという事は覚えているの?」というコメントが次々と寄せられている。

 一方、当事者であるアンソニーは、インタビュー記事での告発&ケヴィンのTwitterでの謝罪声明の公表後のタイミングで、自身のTwitterを更新し「わたしの経験について言いたいことはすべてその記事の中にあります。この時点ではこれ以上のコメントはしません」としている。(編集部・井本早紀)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]