シネマトゥデイ

山崎賢人、“起きちゃう主義”を目指すと宣言! 本郷奏多は驚きの朝対策を明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
”起きちゃう主義”を目指すと宣言した山崎賢人

 映画『氷菓』の初日舞台挨拶が3日に都内で行われ、キャストの山崎賢人広瀬アリス小島藤子岡山天音天野菜月本郷奏多安里麻里監督が出席。主演の山崎は、朝が辛いと明かしたうえで、二度寝をしない「起きちゃう主義」を目指すと語った。

山崎賢人、“起きちゃう主義”を目指すと宣言! 画像ギャラリー

 映画『氷菓』は、IQ未知数の省エネ男子・折木奉太郎(山崎)と好奇心MAXのお嬢様・千反田える(広瀬)、そして彼らが所属する部員ゼロ&廃部寸前の“古典部”が、33年前に起きたある事件の真相へと迫る様を描く。

[PR]

 省エネ主義の奉太郎に絡めて、自分の主義を問われた山崎は、「思い立ったら即行動主義にしたいなと決めてきました。今はなかなか、だらだらしちゃって、やらなかったりすることもあるので。思い立ったらすぐやろうっていう。考える隙も自分に与えないっていうの、どうですか!?」とにっこり。続けて、二度寝をしないと宣言し、「すぐ顔を洗って、起きちゃう。起きちゃう主義かもしれない」と独特の表現で登壇者を笑わせた。

 一方の広瀬は「アウトドア主義」を目指すと回答。「インドアなので、そろそろアウトドアになりたいなって思っています。外でやりたいのは、スカイダイビング」と笑顔で話し、これを聞いた山崎は「じゃあもう、すぐやった方がいいんだよ! 考えずに」と熱くエールを送った。

 劇中で物語のカギを握る役どころの本郷は「自他ともに認める合理主義者だと思いますね」と発言。山崎に「奉太郎ですよね?」と問われると、「奉太郎は、けっこう無気力じゃん。なるべくいろんなことをしたくないみたいな。僕は自分のやりたいことはしたいタイプの合理主義なので、奉太郎くんとは違います!」とぴしゃり。朝が苦手な山崎には、「僕は目覚ましの時間を、家を出なきゃいけない2分前に設定しているんですよ。そうすると、絶対起きなきゃいけないじゃん。だから起きんの」と明かしたうえで、「2分前にすれば、多分起きちゃう主義になれるよ」とアドバイスを送っていた。(岸豊)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]