シネマトゥデイ

「彼のお芝居が好き」広瀬すずも共演を喜ぶ俳優・健太郎が気になる!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブレイク目前!健太郎(写真は10月撮影)

 20歳の若手俳優・健太郎への注目が高まっている。映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』で共演した女優の広瀬すずが、「個人的に彼のお芝居が好き」と絶賛する健太郎とは?

【写真】イケメン!『先生!』劇中の健太郎

 事務所の公式プロフィールによれば、健太郎は1997年生まれ、東京都出身。2014年にドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち」で本格的に役者としての活動を開始し、この1年では映画『ミュージアム』『14の夜』『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』『サクラダリセット 前篇』『サクラダリセット 後篇』と出演作が立て続けに公開。「テラスハウス」のスタジオメンバーとして知った人もいるだろう。

[PR]

 公開中の映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』にも出演している。同作は、生田斗真が主演、広瀬すずがヒロインを務め、生真面目な高校教師とピュアな女子高生の不器用な恋愛模様を描くラブストーリー。健太郎は、他校の生徒ながら広瀬ふんする島田響と部活動のつながりで関わることになる藤岡勇輔役。藤岡は響に好意をもっており伊藤に冷たくされて落ち込む響を励ます存在で、健太郎はそんな役どころを繊細に演じきっている。

 広瀬は、5日に自身のブログで、共演した健太郎についてつづった。健太郎とはドラマ「学校のカイダン」、映画『チア☆ダン』に続く3回目の共演だったというが、「3作品目にして初めて2人のシーンがあって 個人的に彼のお芝居が好きで だから、嬉しかったんだ~よね~笑」と喜びをあらわにし、「藤岡くんと響の弓道場でのシーン 上位に入るくらい実はとっても好きなの」と健太郎との共演シーンの1つがお気に入りであるとも明かした。

 予告編にも登場する通り、劇中では響に藤岡が「俺じゃだめ?」と問いかける、ドキッとするようなシーンもある。作品の関連イベントでは、女子高生たちからリクエストを受け、このシーンを再現して黄色い歓声を浴びていた。12月には主演作『デメキン』が控えるが、そこでは赤髪リーゼントがトレードマークの札付きの不良にふんしており、演技の幅にも期待したい。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]