『ファンタビ』続編ビジュアル!タイトルも決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左からジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キム・スヒョン、ゾーイ・クラヴィッツ、カラム・ターナー、キャサリン・ウォーターストン、エディ・レッドメイン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、ジョニー・デップ - (C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

 大ヒット映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズの第2弾からキャラクタービジュアルが初披露された。ジョニー・デップふんする闇の魔法使いグリンデルバルドの姿や、若きダンブルドア(ジュード・ロウ)の姿もおさめられている。また、タイトルが『ファンタスティック・ビースト:ザ・クライムズ・オブ・グリンデルバルド(原題)/ Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald』に、邦題が『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に決まったことも発表された。

【動画】魔法みたい!公式Twitterで公開されたビジュアル

 今作は前作から数か月後の1927年が舞台で、闇の魔法使いグリンデルバルドが米国魔法議会MACUSAの収容施設から脱獄。彼を止めることができる唯一の人物・ダンブルドアが、かつての生徒で今は魔法動物学者であるニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の助けを借りてグリンデルバルドに挑むというストーリーだ。

[PR]

 そんな作品の海外版の公式Twitterではこの度、登場人物たちの“写真”がお披露目された。ニュート、グリンデルバルド、ダンブルドア、ティナ・ゴールドスタイン(キャサリン・ウォーターストン)、ジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)らが一同に会してカメラに向かってポーズを撮っていたかと思うと、急にそこに煙が上がってキャラクターたちも動きだし、最後はタイトル『Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald』が映し出されている。

タイトルも決定! - (C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

 本シリーズは映画『ハリー・ポッター』の新シリーズとしてそれから70年前を舞台に、ハリーたちが通っていたホグワーツ魔法学校の指定教科書となる「幻の動物とその生息地」の著者ニュートの冒険を描くファンタジー。原作者で本シリーズの脚本も担当しているJ・K・ローリングが5部作で描くと明かしている。第2弾は全米で2018年11月16日に公開される予定だ。日本での公開は2018年冬。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]