彼らは何かがおかしい…錦戸亮主演の衝撃作『羊の木』予告編

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
時計回りに、町に帰郷した文(木村文乃)と、新生活をスタートする元殺人犯たち(北村一輝、優香、松田龍平、田中泯、水澤紳吾、市川実日子) - (C)2018「羊の木」製作委員会(C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

 山上たつひこ×いがらしみきおがタッグを組んだ“問題作”の漫画を錦戸亮関ジャニ∞)主演で実写映画化する『羊の木』(2018年2月3日公開)の予告編が公開。元受刑者を受け入れる“国家の極秘プロジェクト”が進められる町の様子が一部明らかになった。

【動画】錦戸亮主演『羊の木』戦慄の予告編

 予告編は、とある港町に元殺人犯の男女6人がやってくるところから始まり、錦戸演じる市役所職員・月末(つきすえ)の視点で、町が少しずつ変わっていくさまが映し出される。「日本の未来がかかった画期的プロジェクト」として見知らぬ“ワケあり”な男女を受け入れた町だが、彼らが発する言葉にも危険信号が。

[PR]

 「ここで我慢できるかなー」(釣り船屋の杉山・北村一輝)、「怖くないんですか? 僕が何でつかまったのか知っています?」(宅配業者の宮腰・松田龍平)、「人が肌で感じることは大概正しいです」(クリーニング屋の大野・田中泯)、「わたしは、わたしが怖いです」(清掃員の清美・市川実日子)など不穏な言葉を発する元受刑者たち……。さらに、月末が思いを寄せる同級生の文(木村文乃)が宮腰と交際するようになり、月末は気が気じゃない。

 そんな矢先、港で身元不明の変死体が発見されたことから静かな町の日常が一変。何者かが車ではねられるシーンが挿入され、女性が「月末!」と叫ぶ不穏なシーンで幕を閉じる。

 『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八監督のもと、初タッグを組んだ錦戸が、思いがけず元受刑者の受け入れ担当者になってしまった気のいい市役所職員の戸惑いと揺れを体現。監督に、「ひたすら受けの芝居が続く難しい役柄なのに1シーンとして同じ表情がない。いつまでも見ていたくなる」と言わしめた。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]