佐々木心音、AV女優役で貫録の脱ぎっぷり!「偏見なくなれば」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈

 AV女優・紗倉まなの小説を映画化した『最低。』の初日舞台あいさつが25日に都内で行われ、ヒロインを演じた森口彩乃佐々木心音山田愛奈、メガホンを取った瀬々敬久監督が登壇した。グラビアアイドルでもある佐々木は本作でAV女優を熱演し、大胆なヌードも披露しており、「わたしは脱ぎ倒していますから」と貫禄のトーク。会場には佐々木の家族や親戚も応援に駆けつけ、彼女の堂々とした姿に声援を送った。

ヌードにも挑んだ『最低。』フォトギャラリー

 AVによって人生を左右され、家族や友人らの間で揺れ動くヒロインたちを描く本作。この日、シースルーのドレスをまとって登場した佐々木は、会場に家族や親戚がたくさん駆けつけてくれていると自ら報告すると、「みんな応援してくれているんです。うれしい」とご機嫌。「ちょっと偏見を持ったり、躊躇してしまう役かもしれませんが、普通の女の子のように演じられたらいいなって思いながら演じました」と役づくりに触れ、「悩みながらやりました。この作品を通じて少しでもAVに偏見のある見方がなくなったらいいのにと思いました」としみじみ語った。

[PR]

 一方、本作で初めてヌードに挑んだ森口は「原作を読ませていただいて、女性の居場所や自分自身を探し求めている部分にすごく共演して、わたし自身がそれを演じることで誰かを勇気付けることができればと思ったんです」と本役を受けた経緯を明かす。「全力で演じさせてもらいました。色っぽくなったとも言われるんですが、色気は瀬々監督が引き出してくれたもの。わたしもこの作品のヒロインと一緒。この作品に出たことで自信をもらえました」とほほ笑んだ。

 モデルとして活躍してきた山田は本作で映画デビュー。「映画の現場は初めて。どんなものなのかというのがわからないまま現場に入って、瀬々監督が優しくも厳しい指導をしてくれました。おかげで最後まで演じることができました」と充実の表情。「また監督の作品に出たいです」とも話し、「次はもっと褒められるように頑張ります」と意気込んでいた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『最低。』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]