土屋太鳳、和服ブーツなかぐや姫に変身!

ショートムービーの振り付けは、土屋の中学時代の日本舞踊の先生が担当したそう(画像は公式提供)
ショートムービーの振り付けは、土屋の中学時代の日本舞踊の先生が担当したそう(画像は公式提供)

 女優の土屋太鳳が、29日に登壇した「キシリトールガム」のショートムービー「みらい舞踊『竹取物語 2017』」の発表会で、黒髪ロングで和服にブーツというちょっぴり不思議な“かぐや姫”スタイルを披露した。

【画像】足元にドキドキする…土屋太鳳全身をアップで

 幼いころから日本舞踊を習っていた土屋は、そのスキルを生かして「キシリトールガム」発売20周年プロジェクト「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」のショートムービーで舞を披露。「竹取物語」をテーマにした同映像で“かぐや姫”にふんした土屋は、「幸せな気持ちです。小さいころから『かぐや姫』のお話が好きでしたので、 挑戦させていただいたみらい舞踊を、好きな物語で演じることができて光栄に思います」と喜び。

 和装や髪型を含めかぐや姫になりきった土屋だが、足元の装いは足袋ではなく真っ赤なブーツ。映像中もブーツで舞に挑んでいる土屋は、この衣装について「最初は履く予定がなかったんですが、デザイナーさんからも提案があり、『和』のイメージにあまりブーツが合わないからこそ、挑戦してみようか、となりました」と説明。また「ブーツを履いてのダンスは、はじめは違和感があり、体幹を使わなければならないため大変でしたが とても良い挑戦になりました」とやり切った様子ものぞかせていた。(編集部・井本早紀)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]