元殺人犯たちの日常を公開!錦戸亮主演『羊の木』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主人公の市役所職員・月末(錦戸)の父親と接近する元殺人犯の太田(優香) - (C)2018「羊の木」製作委員会(C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

 山上たつひこ×いがらしみきおがタッグを組んだ“問題作”の同名漫画を、錦戸亮関ジャニ∞)主演で実写映画化する『羊の木』(2018年2月3日公開)の劇中写真が公開。とある港町にやってきた元殺人犯たちの日常が一部明らかになった。

【写真】『羊の木』元殺人犯役の松田龍平が怖い…

 舞台は、町の過疎化を解決するために元受刑者を受け入れる“国家の極秘プロジェクト”が進められるさびれた港町。公開された写真は、元殺人犯という素性を隠して移住してきた男女6人の新生活を切り取ったもの。

[PR]

 とりわけ目を引くのは、松田龍平演じる宅配業者の宮腰。船上では険しい顔つきだったかと思えば、市役所職員・月末(錦戸)の同級生・文(木村文乃)とはギターを片手に談笑しており、そのギャップがどこか恐ろしい。

 そのほか、月末の父・亮介(北見敏之)とただならぬ関係を思わせる太田(優香)、子供たちに囲まれる中、無表情で亀をつかむ清掃員の栗本(市川実日子)、暴れる福元(水澤紳吾)を抑えようとする大野(田中泯)、互いの存在を知らないはずが接触している杉山(北村一輝)と大野など、いずれも“イヤな予感”がするシーンとなっている。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]