オスカー女優、セクハラ問題めぐりモノ申す!映画並みの告発ポスターも出現

批難されてしまったメリル・ストリープ
批難されてしまったメリル・ストリープ

 現地時間19日、女優・メリル・ストリープが映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインのセクハラについて知っていた、というポスターがロサンゼルスのいくつかの場所に出現した。この件について、アカデミー賞主演女優賞を2度受賞しているサリー・フィールドらがTwitterに投稿した内容が、話題を呼んでいる。

【画像】笑顔で映画祭に参加するメリル・ストリープ(2015年に撮影)

 問題のポスターは、メリルの顔の前に赤いステッカーで「She knew」(彼女は知っていた)と文字が書かれており、ワインスタインのセクハラ疑惑が明らかになる前に知っていたのではないかと思わせるもの。前日には、レイプ被害でワインスタインを訴えた女優 ローズ・マッゴーワンが、メリルなど複数の女優がゴールデン・グローブ賞で黒のドレスを着用し、セクハラ問題について無言の抗議を行うといううわさを知り、Twitterで非難。無言の抗議は偽善でなんの影響も与えない、と激しく抗議していた。

[PR]

 だがメリル本人は、同日にマッゴーワンのTwitterに返答する声明を出し「わたしはワインスタインがマッゴーワンや他の人に今までしてきた犯罪について知りませんでした」と告白すると、「わたしは意図的に沈黙していませんでした。わたしは知らなかったのです」とマッゴーワンの訴えに反論している。

 そんな中サリーは21日にTwitterで「わたしたちは女性として、この気に食わない男性たちのセクハラ問題を、女性が負うべきではない。ワインスタインの犯罪がわからないシステムが出来上がっていて、メリルや他にもは知らなかった人はいる」と主張した。

 ファンからは「その通り! これは逆効果で論点がずれている」「あなたは正しい」「素晴らしい」と賛同するコメントが多く寄せられている。また「マッゴーワンは見当違いの対象を攻撃している」などセクハラ問題が解決する前に、女性同士で新たな火種を生むことを懸念する声も上がっていた。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]