ロゼッタストーンより古い!古代エジプトの謎記す「マグナストーン」が発掘

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
発見されたマグナストーン - (c)TBS

 エジプトの古代文字解読のきっかけとなった古代エジプトの石板「ロゼッタストーン」より、古い年代に作られた石板「マグナストーン」が発見されたことを、エジプト政府が発表。同石板について、取材を重ねていたテレビ番組「林修の歴史ミステリー」(TBS)によると、現在エジプトではマグナストーンに記された文字の解読が進められており、「ここは我々王家にとって非常に重要な場所」と記されていることが判明しているという。

【画像】マグナストーンを解説するザヒ博士と酒井美紀

 来年1月3日に放送される「林修の歴史ミステリー」(21時~)では、マグナストーン及び、クレオパトラの墓発見間近の発掘現場の最前線を独占取材したとのこと。マグナストーンが発見されたのは2016年春。エジプト第2の都市・アレキサンドリアから西へ約45km離れた遺跡 「タップオシリスマグナ」で発掘されたという。発掘の指揮を執ったのは、考古学の世界的権威、ザヒ・ハワース博士。彼の長年の研究が実り今回の発見につながったという。

[PR]

 また石板に書かれていることは、古代エジプト最大の謎の一つである、古代エジプト最後の女王クレオパトラの墓の発見につながるのではないかと期待されている。遺跡タップオシリスマグナでは他にも墓の在処をうかがわせる品々が出土しているそう。番組では女優の酒井美紀がエジプトへ飛び、ザヒ博士の指揮の下クレオパトラの墓の発掘を目指したという。

 番組プロデューサーの成田雅仁氏は、「あの『ロゼッタストーン』よりも古い年代に作られた『マグナストーン』には、世界の歴史を塗り替える可能性があります。これまで『ロボットカメラによるピラミッド内部の謎の空間発見』や『ツタンカーメン王のミイラをCTスキャンにかけ死因の定説を覆した』天才考古学者のザヒ博士と共に、世紀の発見に向けて期待が高まります」とコメントを寄せている。(編集部・井本早紀)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]