シネマトゥデイ

『君の名は。』地上波初放送は特別エンドロール!監督自らが制作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『君の名は。』地上波初!今回だけの特別エンドロール! - Funimation Films / Photofest / ゲッティ イメージ

 2018年1月3日に地上波初放送される新海誠監督の長編アニメ映画『君の名は。』で、新海監督が特別編集した、この日の放送でしか見られないエンドロールを放送することが明らかになった。 

【画像】ヒロイン役、上白石の笑顔がまぶしい!(2016年の公開時のイベントにて撮影)

 今回の地上波初放送にあたって、新海監督はこの日の放送のためだけのエンドロールを制作。監督自らが編集し、同日しか見ることができない映像となっている。また、放送に向けて特別PRスポットのナレーションも制作され、こちらは主人公の三葉の声を演じた女優の上白石萌音が担当している。

[PR]

 上白石は「新海監督の映像はすごい。“画”を見るだけで当時の感情がよみがえってきました。また三葉に会えてうれしい!」と久しぶりの三葉役に喜びのコメント。また、地上波初放送にあたってもう1人の主人公の瀧役を務めた神木隆之介も、「自分が関わらせていただいた作品をお正月に見ていただく機会はそうそうないので、うれしい気持ちでいっぱいです」と語った。

 本作は、田舎暮らしの女子高校生・三葉(声・上白石)と、東京に住む男子高校生・瀧(声・神木)の出会うはずのない2人が夢の中で互いの身体が“入れ替わる”という不思議な体験を繰り返すうちに惹かれ合う物語。2016年8月26日に公開され、国内興行収入250億円を突破し、2016年の興行収入1位、そして日本映画史上歴代2位という記録を打ち立てた。ハリウッドでの実写映画化も決定している。(編集部・梅山富美子)

映画『君の名は。』は2018年1月3日よる9時からテレビ朝日系24局ネットにて放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]