吉永小百合、5年ぶりに美声披露!変わらぬ若さに作曲家は「不公平」

吉永小百合の変わらぬ美しさ!久しぶりの歌声も披露
吉永小百合の変わらぬ美しさ!久しぶりの歌声も披露

 吉永小百合岸部一徳が4日、都内で行われた映画『北の桜守』完成披露舞台あいさつに堺雅人篠原涼子滝田洋二郎監督と共に出席し、2,000人の観客の前で、主題歌「花、闌(たけなわ)の時」を、作詞・作曲を担当した小椋佳と歌い上げ、美しい歌声を披露した。

【画像】ザ・タイガース時代を思い出す!?歌うサリー

 本作は、吉永が出演した『北の零年』『北のカナリアたち』に続く、北海道を舞台に壮大な人間物語を描く“北の三部作”最終章に位置づけられる。戦中から戦後の激動の時代を舞台に、死に物狂いで生き抜いた親子の姿を描く。

[PR]

 吉永は、2012年10月に開催された映画『北のカナリアたち』完成披露イベント以来約5年ぶり、岸部は2013年12月、44年ぶりとなる「ザ・タイガース」オリジナルメンバーで日本武道館や東京ドームでコンサートを行って以来、約4年ぶりとなる公の場での歌声を披露。歌唱前は「映画のなかで歌ったときはあまり緊張していなかったのですが、今日はサリーさん(岸部の「ザ・タイガース」時代の愛称)と一緒なのでドキドキです」と語っていた吉永だったが、壇上では美声を響かせた。

 小椋は「吉永さんとは、1980年に高倉健さんと出演した『動乱』という映画でご一緒して以来のお付き合いですが、光栄であると同時に、人というものは生まれつき不公平だなと思うんです」と語り出すと、「僕がこんなに無様になっても、吉永さんはまったく変わらない。女性の年齢を言うのはあれですが、僕は74歳で、年が1つしか違わないんですよ」とさりげなく吉永の年齢を明かすと、吉永は「いや(誕生日が3月なので)まだ72なんですよ」とやんわり否定し、客席の笑いを誘っていた。

 吉永から「緊張する」と言われた岸部は、「ザ・タイガース」の一員として一世を風靡したが「僕は音楽をやっていましたが、歌はコーラスぐらいなので」と謙遜すると、「正月はこの日の歌のために時間を費やしました」と並々ならぬ意気込みで臨んだことを明かした。舞台ではムーディーな歌声を披露し、客席を沸かせた。この日は、歌手・堀内孝雄の息子である 99RadioServiceHoriuchi Kohei仙石みなみBitter&Sweet田崎あさひ長谷川萌美もコーラスとして参加した。(磯部正和)

映画『北の桜守』は3月10日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]