シネマトゥデイ

ハリウッド実写版『ピーターラビット』5月日本公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日本にハリウッド版ピーターがやって来る!

 ビアトリクス・ポターさんの人気絵本をハリウッドで初めて実写化した映画『ピーターラビット』が、5月に日本公開されることが明らかになった。マグレガーさん(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のドーナル・グリーソン)らは実写で、ピーターら動物たちはCGアニメーションで描かれる。

映画『ピーターラビット』日本版特報

 「ピーターラビット」は、豊かな自然に囲まれたイギリスの湖水地方を舞台に、青いジャケットがトレードマークのいたずら好きなうさぎ・ピーターたちの姿を描いた絵本。シリーズ累計発行部数は全世界で1億,5000万部を超える大ベストセラーだ。

[PR]

 マグレガーさんは原作では恐ろしい農家だったが(ピーターのお父さんはマクレガーの奥さんによってパイにされた)、ハリウッド映画版では大都会ロンドンから湖水地方へ引っ越してきたちょっぴり神経質そうな若者に変更。そこで暮らす自然を愛する心優しい女性ビア(『X-MEN:アポカリプス』のローズ・バーン)に惹かれたことで、ピーターとマグレガーは突如としてライバルに。さまざまないたずらを仕掛けてマグレガーを都会に追い返そうとするピーターに対し、マグレガーも大人げない反撃を始めることになる。

 併せて公開された日本版の特報では、緑がキラキラと輝く湖水地方をピーターがいきいきと駆けめぐり、キュートにしっぽを振る姿が明らかに。海外版予告では「ハッハー!」と謎のテンションで笑うイケイケなピーターや、ピーターとマグレガーの死闘のすさまじさが話題となったが、今回の映像は作品の愛らしさをフィーチャーした仕上がりになっている。『ANNIE/アニー』『ステイ・フレンズ』のウィル・グラック監督がメガホンを取った。(編集部・市川遥)

映画『ピーターラビット』は5月より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]