シネマトゥデイ

トランプ暴露本「炎と怒り」がドラマ化へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベストセラーとなっている「Fire and Fury(炎と怒り)」 - Leon Neal / Getty Images

 今月アメリカで出版されるや爆発的なベストセラーとなったドナルド・トランプ政権についての暴露本「Fire and Fury(炎と怒り)」が、テレビドラマ化される予定であることが明らかになった。The Hollywood Reporter などが報じた。

【画像】トランプ大統領そっくりに!変身して風刺するメリル・ストリープ

 日本でも「炎と怒り トランプ政権の内幕」というタイトルで2月に発売予定のこの暴露本。ジャーナリストのマイケル・ウォルフがスティーブ・バノン前首席戦略官をはじめとした関係者200人以上への取材をもとに、トランプ政権の混乱した内幕を暴いたとうたわれている(トランプ大統領側は本の内容はウソだとして、ウォルフやバノンを批判している)。

 「炎と怒り」の映像化権をかなりの額を出して獲得したのは米エンデバー・コンテントで、テレビシリーズ化を進める予定。まだ放送局は決まっていないものの、ウォルフが製作総指揮を務めることになっており、元BBCのベテランプロデューサー、マイケル・ジャクソンも製作陣に名を連ねている。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]