安田顕、懇願!伝説の“牛乳リバース”もうやめて…

制作発表記者会見で訴えた安田顕

 俳優の安田顕が20日、都内で行われた「HTB開局50周年記念 ハナタレナックスEX(特別編) チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅in小樽」の試写会&制作発表記者会見に、TEAM NACSのメンバーである大泉洋音尾琢真戸次重幸森崎博之と共に出席。安田は、長年に渡ってタッグを組んでいるHTB(北海道テレビ)に対して「心から感謝していますが、お願いだから番販(番組販売)と、再放送だけはやめてほしい。何年たっても“牛乳リバース”が放送されている」と抗議した。

【画像】その手は今までの思い分か…HTBのマスコットキャラをぎゅっとつぶす大泉洋

 安田が苦情を出した“牛乳リバース”とは、「水曜どうでしょう」や「ハナタレナックス」で見せた牛乳早飲み対決で、牛乳を逆噴射してしまったときの映像のこと。同シーンについて安田は「再放送や番販によって、繰り返し放送される。日曜劇場(『下町ロケット』)に出演している裏で、牛乳を吐いていましたからね」と苦笑い。

[PR]

 そんな安田の意見に戸次も、「本当にMXテレビさんは早い。(戸次と大泉が出演しているバラエティー)『おにぎりあたためますか』がもう放送されていました。ローカルならではのテイストが東京で放送されるなんて……番販はしないでほしいです」と強く訴える。

 一方、大泉は「わたしは番販や再放送はかまいません」と高らかに宣言すると、「でもお金がほしいんです」とまさかの発言。続けて「わたしだって大河に出ているとき、(裏の放送で)ジャングルでうんこしていたんですよ。でもそれはいいです。ただ、番販ってものすごく安いと聞きました。こちらは身を削ってやっているので、どうしても放送したいという気概のあるテレビ局に、せめて高額で売って、僕にお金をください」と訴える。

やっぱりこの男!大泉洋のボヤキも止まらない

 さらに大泉は「(HTBは)新社屋を建てたんですよ。番組のDVDも売れたみたいだし、僕らのおかげなのに、くれたのは記念品のアメだけ。どうなってるんですか」とボヤキが止まらない。そんな訴えに、司会を務めていたHTBの石沢綾子アナウンサーは「NACSさんにはみな足を向けて眠れません」と感謝を述べると、大泉は「NACSじゃなくて俺にだよ」と鋭い突っ込み。横で大泉の訴えを聞いていた安田は「『好感度大好き』な大泉さん。いまの発言、ひとつもプラスがないよ」と冷たい視線を向けていた。

[PR]

 安田、戸次、大泉の相次ぐHTB批判を聞いていた音尾は「僕はなにひとつ文句はありません。同じく文句がない森崎さんと僕だけの番組を作ってください」と制作陣にちゃっかりアピールして会場を爆笑に包み込んでいた。

 「ハナタレナックス」は、大人気を誇る「TEAM NACS」のメンバーがそろって出演する唯一の北海道ローカル番組。メンバー5人が、自ら発案した企画をもとに番組を構成。今回の特別編では、歴史ある港町・小樽を舞台に、5人が長年ローカル番組を制作してきたスタッフとともに、ゆるく楽しく等身大の“食旅”を繰り広げる。(磯部正和)

「HTB開局50周年記念 ハナタレナックスEX(特別編) チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅in小樽」は2月4日、午後1時55分から3時20分までテレビ朝日系で放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]