松坂桃李はすぐだまされる!メンタリストDaiGoが分析

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
松坂桃李をだましたい女子多数!?

 松坂桃李沢尻エリカが23日、都内で行われた映画『不能犯』の公開直前イベントに出席。松坂演じる本作の主人公・宇相吹正が「思い込み」や「マインドコントロール」を利用して人を死に導くキャラクターであることに絡め、メンタリストDaiGoも登壇し、リアル宇相吹として松坂&沢尻を鋭く診断。松坂について「なかなか心を開かないけど一度開くところっとだまされてしまうタイプ」と指摘して会場をわかせた。

【写真】DaiGoに見抜かれた松坂桃李と沢尻エリカ

 この映画は「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画を原作に、絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す特殊な力を持った宇相吹(松坂)と、宇相吹に翻弄されながらも彼を追い詰めていく正義感あふれる女刑事・多田友子(沢尻)の対決をスリリングに描いた作品。

[PR]

 松坂と沢尻を分析するにあたり、DaiGoは「この二人は芸能界の中でも分析が難しい方だと思います」と話す。これに沢尻が「わかりやすいですよ、わたし。気分とかすぐ顔に出ちゃうし」と謙遜するとDaiGoは「自分は絶対見抜かれないと言っている人ほど見抜きやすく、それと反対の人ほど難しいんです」とニヤリ。そして8色のマーカーを使って2人を分析した。

 松坂と沢尻の2人に背を向けて「この色がおすすめです」など様々な横槍を入れつつ、2人に1色ずつ色を選ばせたDaiGo。その後、どの色を選んだかを見事に的中させ、松坂と沢尻は驚きの表情。さらにDaiGoは2人から好きな色を聞き、水色を選んだ沢尻については「水色を選ぶ人は天然な人が多いんです。自分の世界を持っているような人」と分析し、緑色を選んだ松坂については「緑を選ぶ人はなかなか心を開かないけど一度開くとコロっとだまされてしまうタイプ」と説明。言い当てられたという表情の松坂は「得した気分。聞く価値ありますね。後からぞくっとくる感じがあります」とコメントして、DaiGoの分析力を絶賛した。

DaiGo、松坂、沢尻エリカ

 劇中では松坂と沢尻の対決が見所のひとつだが、撮影中は役作りのためにわざと話しかけないようにしていたという2人。壇上では撮影の裏話にも華を咲かせ、沢尻は松坂について「撮影現場では話しかけづらいオーラがあった。話しかけちゃいけないんじゃないかって思っていました」と感想を述べ、松坂も「刑事チームのメンバーは常に現場が一緒。僕は一人だし孤独感がありました」と苦笑いで沢尻との撮影を述懐。「みんなと打ちとけられたかなと思ったらもう撮影が終わり。そんな感じでした」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

『不能犯』は2月1日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]