広瀬すずが拳銃…先が読めなさすぎる「anone」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
一体、誰に向けている……? - (C)日本テレビ

 24日に放送される広瀬すず主演、坂元裕二脚本の水曜ドラマ「anone」(日本テレビ系・夜10:00~)第3話の予告で、広瀬演じるヒロイン・辻沢ハリカが銃を手にしている様子が映し出され、殺伐とした画(え)に「ひぇーーー!ハリカちゃんが銃を…」「銃持ったり偽札作ったりすごいね」など視聴者がざわついている。

【写真】広瀬すず×須賀健太×小関裕太の“コラボ宣伝”

 廃業した自身の印刷工場で大量の偽札を発見した法律事務所事務員・亜乃音(田中裕子)と、偶然その秘密を知ったハリカ。“犯罪”が縁で知り合った2人だが、第2話ではともに亜乃音の失踪した娘を捜しに行くこととなり、ハリカは久々にネットカフェを離れて亜乃音宅で安眠することとなった。ともに哀しい過去を背負っているためか2人は共鳴し合い、「ハリカとあのねさんの本当の親子のようなシーンとても素敵でした」「あのねさんとハリカの2人の静かに流れる会話が好きです」と視聴者もホッと一息ついたように見えたが、第3話の予告ではまるで犯罪サスペンスのような緊迫したムードに。

[PR]

“誘拐犯”になった矢先、今度は狙われる側に……とことん間の悪い舵(阿部)&るい子(小林)(C)日本テレビ

 事の発端は、カレーショップを経営していた舵(阿部サダヲ)が、幼なじみの西海(川瀬陽太)に言われるがままにカレー店を乗っ取られようとしていたこと。余命宣告を受けた舵と同様、死に場所を求めていたことから意気投合したるい子(小林聡美)は、舵のピンチを救うため一念発起。「この世には裏の金がある」と先ごろ大金を所有していた亜乃音を思い出し、亜乃音の印刷所へ突撃した。しかし、間の悪いことに偶然ハリカと鉢合わせしてしまい、さらにハリカを亜乃音の娘と勘違いした舵&るい子は、成り行きでハリカを誘拐。第2話のラストでは舵&るい子がハリカを連れてカレーショップに戻ると銃を持った西海が潜伏していて……と将棋倒しのような災難に見舞われていた。

 第3話の予告では、るい子と亜乃音が何やら偽札を巡って話している模様。舵が西海に銃を突き付けられていたり、ハリカが誰かに「離せ」と銃口を向けている様子も映し出され、ころころとトーンを変えていく変幻自在のストーリーに「結末が読めない」と視聴者もハラハラ。また、ドラマの公式サイト第3話のストーリーに「亜乃音の元をかつての林田印刷所の従業員だった中世古理市(瑛太)が訪ねてくる」という記述があることから、謎のベールに包まれていた瑛太のキャラクターがいよいよ本格的に始動しそうだ。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]