シネマトゥデイ

Netflix、I.G&ボンズと提携!日本アニメ190か国に配信へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
Netflix、日本のアニメプロダクション最大手たちと提携! - (c) Netflix. All Rights Reserved.

 Netflixの日本法人Netflix株式会社が、日本のアニメプロダクション最大手のProduction I.G社及びbones社と、アニメ作品における包括的業務提携を発表した。この提携により、Netflixは両社とそれぞれにアニメエピソードを共同で制作、Netflix上で全世界190か国に配信する予定だ。

NetflixとProduction I.Gのオリジナルアニメ「B:the Beginning」【画像】

 世界最大級のオンラインストリーミングサービスNetflixが、「攻殻機動隊」「PSYCHO-PASS サイコパス」などを手掛けたI.G社と、「交響詩篇エウレカセブン」「文豪ストレイドッグス」などのbones社と業務提携する。この提携でNetflixは日本発のハイクオリティなアニメ作品をラインナップに加えることができ、日本のアニメ制作者・クリエーターもNetflixのグローバルプラットホーム配信を通じてこれまで以上にたくさんの海外アニメファンに作品を楽しんでもらえる機会を得ることができる、まさにWin-Winの関係が実現する。なお、I.G社の包括的業務提携の中にはI.G社のグループ会社である株式会社ウィットスタジオも含まれ、制作される作品の詳細は追って決定されるとのこと。

[PR]

 本業務提携にあたり、I.G社代表取締役社長の石川光久氏は「日本発の高品質なコンテンツをNetflixを視聴する世界中の人々に届け、楽しんで頂くことができるのは、アニメに関わる制作者にとって非常に喜ばしいことです。言語問わず楽しんでいただけるようなコンテンツの制作に努めます」とコメント。bones社代表取締役社長の南雅彦氏も「世界中の視聴者に対して作品を発信できる今回の提携は、弊社のクリエーターにとって大きな意味があることだと感じています。今後Netflixと一緒に、国籍や年齢を問わず多くの人に感動を与え、末永く見続けてもらえる良い作品を制作していきたいと思います」と述べている。

 また、Netflixのグローバルアニメの責任者であるバイスプレジデントのロバート・ロイ氏は、「日本のアニメは独自のビジュアルインパクトやストーリーの深さが世界中のアニメファンから定評があります。このたびI.G様およびbones様と提携させて頂くことで、アニメ作品のプロデュースから配信にまで携わらせて頂くことを大変嬉しく思います。Netflixが日本のアニメ文化の発展、また国や言語を超えるグローバルな配信に貢献できれば幸いです」と今回の提携に意気込みを見せた。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]