川栄李奈、小悪魔感全開!『プリンシパル』新場面写真&オフショット

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
川栄李奈 - (C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

 黒島結菜小瀧望ジャニーズWEST)、高杉真宙らが出演している映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』で、AKB48を卒業後、女優としての活躍が続いている川栄李奈がキラキラ小悪魔女子を演じている。

【動画】『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』特報映像

 本作は「Cookie」(集英社)で連載され累計150万部(全7巻)を突破したいくえみ綾による人気コミックの実写版。東京から札幌に引っ越した糸真(黒島)が転校先で女子生徒たちが憧れるタイプの違う2人のモテ男、弦(小瀧)と和央(高杉)に出会い、ヒロインになろうと頑張る姿を描いている。

[PR]

 そんな作品で川栄は東京から転校してきて早々に弦&和央と仲良くなった糸真に嫉妬し「弦と和央はみんなのものだから!」と忠告する国重晴歌役を務めている。晴歌は意地っ張りな部分がありながらも、実は誰よりも友達思いで、好きな人を一途に想い続けるピュアな女の子という役どころだ。

(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

 黒島とは撮影前から親交があり、お互いを「りっちゃん」「結菜」と呼び合うほど仲良しだという川栄。「友達の後押しをしたりと、晴歌は重要なシーンにいることが多いんです。そこはうまく表現しなきゃと思っていますね」と意気込みを語っている。

オフショット! - (C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

 また、糸真が優等生らしく制服を着こなすのに対し、晴歌は大きめのセーターに緩めのリボンといった制服を着崩したスタイルで映画に登場する。撮影は冬の北海道で敢行されたが川栄は生足を維持し、ハイソックスの丈は上過ぎず、下過ぎない絶妙な位置になるよう気をつけていたという。(編集部・海江田宗)

映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』は3月3日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]