シネマトゥデイ

成田凌×橋本愛×門脇麦『ここは退屈迎えに来て』映画化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
成田凌×橋本愛×門脇麦が共演!

 女優の橋本愛主演で、「R‐18文学賞」を受賞した山内マリコによる小説「ここは退屈迎えに来て」(幻冬舎文庫)が実写映画化され、今秋公開されることが発表された。共演は成田凌門脇麦、監督は『ナミヤ雑貨店の奇蹟』などで知られる廣木隆一

【写真】成田凌、タトゥーまみれ&赤髪モヒカン姿『ニワトリ★スター』

 本作は、何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経ってなんとなく地元に戻ってきた27歳の”私”が、高校時代に憧れた”椎名くん”に会いに行くというストーリー。地方に住んでいる女性が、自分の居場所を求める心模様を描く。橋本は、主人公の”私”役。”私”の憧れの存在だった椎名くんを成田が演じ、元カレの”椎名くん”を忘れられずにいる”あたし”に門脇がふんする。

[PR]

 橋本は、10代の頃に原作を読んだといい「好きな小説の映像化に関われたのはとても幸せなことでした。以前から廣木監督の現場にも興味があったので、ダブルで夢が叶って嬉しかったです」と本作の出演に喜びのコメントをしている。

 撮影は、2017年の6月~7月に原作者・山内の出身地である富山県で行われた。成田は、「廣木監督をはじめスタッフや共演者の力を借り、美しい青春とくたびれた白秋の日々を過ごさせていただきました」と撮影を振り返り、門脇は「廣木さん、そしてやっと橋本愛ちゃんとご一緒出来たことがとても嬉しいです」と語っている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]