前田敦子、柄本佑の女装姿バッサリ「きれいではなかった」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
残念…!(左から)前田敦子、柄本佑

 女優の前田敦子が26日、テアトル新宿で行われた映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』東京プレミア上映舞台あいさつに出席、主演の柄本佑から女装写真を送られたことを明かした。この日は、三浦透子尾野真千子、原作者の末井昭冨永昌敬監督も登壇した。

あっちゃんキュートなドレス姿【写真】

 雑誌「写真時代」の編集長としても知られる名物編集者・末井の自伝的エッセイを映画化した本作。柄本演じる末井の妻・牧子役で出演している前田は、「佑さんが(末井役に)ピッタリだなと思いました。楽しんで帰ってください」とあいさつ。

[PR]

 一方の柄本は、「(前田と)初めて芝居をしましたけど、僕のあっちゃん、わたしのあっちゃんにしたくなるような、魅力のある女優さんなんだなと思いました。他の人の作品に出ているあっちゃんを観ると、僕ならこんなあっちゃんにしたいんだと思わせてくれるような感じで。色気を漂わせた白いキャンバスのようでしたね」と称賛してみせると、「いいキャッチフレーズをつけていただきました。うれしいです」と前田も笑顔を見せた。

 本作には、柄本が着物姿で女装を披露するシーンがある。その撮影前を振り返った前田は、「明日か明後日くらいに女装をやるよという時に撮影があったんですけど、ものすごく(女装姿に)自信を持っていたみたいで。『俺、絶対に綺麗だから。写真を送るわ』と言われたんです」と述懐。そして柄本の妻で女優の安藤サクラを通じてわざわざグループLINEを作り、前田のもとに写真を送りつけてきたそうで、「すごい自信だなと思いました」とクスクス。そんな柄本の女装姿について感想を求められると、「キレイではなかったですね」と即答し、会場を笑わせた。

 末井は、幼いころに母親が不倫相手とダイナマイトで心中するという衝撃的な体験をしているが、その母親を演じているのは尾野。「すごいキレイですよ、色っぽくて。この方(尾野)は和服で、皆さんがあまり観たことがない尾野さんを観ていただけると思います」と柄本も称賛した。それのみならず、映画主題歌にも初挑戦していることについて触れられた尾野だが、バツが悪そうに「恥ずかしいわ……難しかった……」とポツリ。

[PR]

 さらに話をふくらませようとする司会者に対しても、「やったことに対しては、やりがいもあったし、楽しかったけど、恥ずかしいです……。この話はもういいというくらい」と恥ずかしがるものの、柄本は「映画全体の流れで観ていくと、エンドロールに流れる末井さんと尾野さんの歌は、映画のラストシーンくらいの比重で置かれています。映画を最後まで観ていただけると、感動もひとしおかなと思います」とフォロー。尾野が「くれぐれも、あっちゃんが歌った方がいいと思わないで。これでいいんだと思ってください」と注意を喚起し、会場を沸かせた。(取材・文:壬生智裕)

映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は3月17日よりテアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]