シネマトゥデイ

「トドメの接吻」佐野勇斗、志尊淳主演バスケ映画に出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ネクストブレイク必至!佐野勇斗 - (C) 2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会

 放送中のドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ)で御曹司の長谷部寛之役を務めている佐野勇斗が、志尊淳主演の映画『走れ!T校バスケット部』に出演することが明らかになった。

志尊淳のユニホーム姿【写真】

 松崎洋の同名小説を基にした本作は、バスケットボールの強豪私立高校に入学するも激しいイジメにあって自主退学し、「二度とバスケはしない」と誓った田所陽一(志尊)が、編入先の弱小バスケ部から勝負を挑まれたことを機にバスケ部に入部し、バスケの楽しさを思い出していく姿を描き出す。メガホンを取ったのは『一礼して、キス』などの古澤健監督。

[PR]

 『ちはやふる -結び-』『3D彼女 リアルガール』など話題作への出演が続く“ネクストブレイク筆頭”の佐野が演じるのは、陽一が転入した先のバスケ部キャプテン・矢島俊介。書道6段・空手1級という文武両道イケメンの佐野だが、バスケは初挑戦。「最初はパスをうけるのも難しかったですが、実際にバスケットをやっている人達からも認めてもらえるように、必死に練習しました!」(佐野)と振り返っているように、“3ポイントシュートの名手”という高いスキルが必要な役柄のため、撮影前に元日本代表の半田圭史の猛特訓を受けたという。

 さらに、同世代の俳優陣との共演に「本当に楽しい現場でした! クランクインをする前からバスケットの練習をみんなでしていたので、撮影が始まる頃には本当に良いチームワークが出来上がっていて、現場でも役柄について意見を交わし合いながら、お互いを高めあえる存在でした」と刺激を受けた様子。「この映画は僕たちがリアルに挑戦したバスケットが見どころです!! 最後の試合のシーンでは何度失敗しても、みんなで励ましあって作り上げた、最高に素晴らしいシーンになっているので、ぜひ注目してください!」とアピールしている。(編集部・吉田唯)

映画『走れ!T校バスケット部』は2018年秋に全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]