シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ちはやふる −結び−
(C) 2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社
製作年:
2018年
製作国:
日本
日本公開:
2018年3月17日
(全国東宝系)
上映時間:
2018映画「ちはやふる」製作委員会・企画・製作幹事:
日本テレビ放送網
2018映画「ちはやふる」製作委員会・配給:
東宝
2018映画「ちはやふる」製作委員会・制作プロダクション:
ROBOT
2018映画「ちはやふる」製作委員会:
講談社 / 読売テレビ放送 / 電通 / ジェイアール東日本企画 / フォスター・プラス / KDDI / GYAO / STV / MMT / SDT / CTV / HTV / FBS / FBC
協力:
一般社団法人全日本かるた協会
カラー

見どころ:末次由紀のヒットコミックを原作にした青春ドラマの続編。全国大会での激闘から2年後を舞台にして、競技かるたに打ち込む高校生たちのさらなる戦いを活写する。監督の小泉徳宏、広瀬すず、野村周平、新田真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希ら前作のスタッフ、キャストが結集。新たなキャストとして、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」などの優希美青、『くちびるに歌を』などの佐野勇斗、『森山中教習所』などの賀来賢人らが参加する。

あらすじ:瑞沢高校競技かるた部員の綾瀬千早(広瀬すず)と若宮詩暢(松岡茉優)が、全国大会で激闘を繰り広げてから2年。真島太一(野村周平)、綿谷新(新田真剣佑)らと共に名人・クイーン戦に挑む千早だったが、詩暢と戦えない自分の実力不足を痛感する。そんな中、千早たちの師匠・原田秀雄(國村隼)が史上最強の名人とされる周防久志(賀来賢人)に敗れてしまい、新が彼に挑戦状をたたきつける。その後3年生になった千早は、高校最後の全国大会に向けて動くが……。

ちはやふる −結び−
(C) 2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

映画短評

  • 天本 伸一郎
    愛すべき端沢かるた部の面々たちの最後の激闘に胸アツ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     当然ながら、前2作を観た上での鑑賞がオススメで、その『上の句』&『下の句』を楽しんだ人であれば、今回も間違いなく楽しめるはず。
     前2作は、千早(広瀬すず)・太一(野村周平)・新(新田真剣佑)という幼馴染3人の関係性と、端沢高校かるた部がチームとして成長していく姿が描かれていたが、今回は太一が主役といってもいい物語になっていて、野村が繊細な芝居で好演。
     後半にはきちんと、愛すべき端沢かるた部の面々たちの活躍も描かれ、最終章としてバランスのいい仕上がりになっている。
     また、曲者役を演じた賀来賢人もいい味を出していて、近年の個性派俳優的なポジションへの移行も板についてきた感がある。

  • 清水 節
    目覚ましい成長を遂げた広瀬すずの軌跡に重なるヒロインの2年後
    ★★★★
    »読む«閉じる

     三部作というよりも、あれから2年後を描く後日譚。キャラクターが増え、演出的に弛緩した面は否めない。しかし恋愛エピソードに傾きすぎず、単に勝利を目指すのでもなく、精神的な高みに向かって上昇していく様が美しい。日本的な意匠を凝らし、撮影技術と音楽を駆使して心地よい画面を設計している。そして何より、90年代生まれの俳優たちの瑞々しい煌めきをカメラに収めたドキュメンタリー的要素が秀でており、数あるマンガ原作ものと一線を画す。とりわけ、猪突猛進タイプのヒロインが経験を重ね、人間関係の機微に触れ、道を究めようと邁進する姿は、アイドル的少女から本格女優へと目覚ましい成長を遂げた広瀬すずの軌跡に重なり合う。

  • 斉藤 博昭
    変わらない魅力で戻ってきた広瀬すず
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    全方向にストレートに突っ走り、キラキラ輝きを放っていた『ちはやふる』前2作の広瀬すずが、しばらく間を置いた今作では、もしかして『怒り』や『三度目の殺人』の経験から、ちょっと印象が変わっているかも……と予感して向き合った。しかしその予想は、いい意味で裏切られ、前2作のキラキラが“まんま”キープされていて驚いた。役と物語にまっすぐに戻った証拠だろう。

    競技かるたをスポ根映画の熱いノリで見せる演出は、もはやシリーズのお約束で、有無を言わさず観る者のテンションを上げる。卒業後の進路への苦悩や、思いを後輩に引き継ぐ心情もソツなく盛り込み、爽やかで、ちょっぴり切ない青春映画のサンプルのような後味。

  • くれい響
    まさに有終の美を飾る!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    作品の仕上がり同様、クイーン=松岡茉優に喰われちゃった感のある前作『−下の句−』だったが、「最終章」となる今回は、展開ともに瑞沢高校かるた部が一丸となってリベンジマッチ! 前二作を観てなくとも、まったくかるたに興味ない新入部員・菫の目線で語られていく構成に、緊迫の試合シーンに挟まれる笑いといった演出の緩急。そして、太一をめぐる静かで、熱いドラマに釘付けになることだろう。さらには、完全にヒロイン・千早として戻ってきた広瀬すずに加え、新キャラ演じるアミューズ組(賀来賢人&清原果耶)の大健闘ぶりたるや! 小泉徳宏監督は、『−上の句−』を見事に超えて、堂々有終の美を飾ったといえるだろう。

予告編・動画

広瀬すずら出演!映画『ちはやふる −結び−』予告編
映画『ちはやふる −結び−』特報映像
斎藤工&板谷由夏が 『リメンバー・ミー』など3月下旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『ちはやふる −結び−』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012
  • 写真013
  • 写真014
  • 写真015

(C) 2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

ポスター/チラシ

  • 映画『ちはやふる −結び−』ポスター
    ポスター
  • 映画『ちはやふる −結び−』ポスター
    ポスター
  • 映画『ちはやふる −結び−』チラシ
    チラシ
  • 映画『ちはやふる −結び−』チラシ
    チラシ
  • 映画『ちはやふる −結び−』チラシ
    チラシ
  • 映画『ちはやふる −結び−』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ちはやふる −結び−』オリジナルかるたセット
    オリジナルかるたセット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: 末次由紀
監督・脚本:
音楽: 横山克
主題歌: Perfume
エグゼクティブプロデューサー: 伊藤響 / 安藤親広
企画・プロデュース: 北島直明
プロデューサー: 巣立恭平
撮影: 柳田裕男
照明: 宮尾康史
美術: 五辻圭
録音: 竹内久史
サウンドデザイン: 大河原将
装飾: 折戸美由紀
編集: 穗垣順之助
VFXプロデューサー: 赤羽智史
アニメーションディレクター: シシヤマザキ / 畳谷哲也
スタイリスト: 新崎みのり
ヘアメイクディレクション: 古久保英人
ヘアメイク: 植木歩
キャスティング: 緒方慶子
スクリプター: 本図木綿子
監督補: 吉田和弘
助監督: 權徹
制作担当: 伊達真人
プロデューサー補: 佐藤譲

キャスト

綾瀬千早:
真島太一:
綿谷新:
大江奏:
西田優征:
駒野勉:
須藤暁人:
花野菫:
筑波秋博:
我妻伊織:
若宮詩暢:
周防久志:
木梨浩:
宮内妙子:
原田秀雄:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ちはやふる −結び−』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「ちはやふる ー結びー」 from エンターテイメント日誌 (2018年4月12日 16時23分)
    評価:A 映画公式サイトはこちら。 映画「ちはやふる ー上の句ー」 2016.0 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ちはやふる −結び−』★からくれないに恋にかるたに魂を燃やす! from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2018年3月20日 23時47分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173064/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・上の句→コチラ  ・下の句→コチラ  そんなこんなで、瑞沢高校3年になった千早と太一。 福井の新も、競技かるた部を作り、 瑞沢と対戦すべく、勝ち進んでいく…… かるた取りのシーンは、相変わらず、素晴らしくて萌える! ただ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ちはやふる 結び」:有終の美 from 大江戸時夫の東京温度 (2018年3月19日 23時25分)
    映画『ちはやふる 結び』は、『上の句』『下の句』という2部作公開以来約2年ぶりの ...[外部サイトの続きを読む]
  • ちはやふる ―結び―・・・・・評価額1800円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2018年3月19日 22時13分)
    二度と訪れない、宝物の時。 有終の美・・・なんて言葉では全然足りない。 これは日本青春映画史、いや日本娯楽映画史を塗り替える、王道エンターテイメント大傑作。 「上の句」「下の句」からはや二年。 フレッシュな新入生だった瑞沢かるた部の面々も、実時間通りに高校三年生に。 かるたに明け暮れる青春を送っている皆が直面するのは、恋と進路という前作ではまだ見え隠れしていた新たな問題だ。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年3月12日の週の公開作品
  3. 『ちはやふる −結び−』