香取・草なぎ・稲垣がパラスポーツ支援!チャリティー新曲で久々ライブ!

久々に人前で歌った3人
久々に人前で歌った3人

 元SMAP稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾の3名が、パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」を iTunes Store 限定でリリースすることになった。4日に駒沢オリンピック公園陸上競技場で行われた「パラ駅伝 in TOKYO 2018」の場で発表された。

【画像】ライブシーンほか香取&草なぎ&稲垣の写真が盛りだくさん!

 さまざまな障がいのあるランナーと健常者のランナーが1つのチームとなって、駅伝を行う本イベント。1万7,000人以上もの観客が来場した閉会式では、3人によるスペシャルライブを実施。一曲目となる、72時間ホンネテレビの主題歌となった「72」に続き、新曲「雨あがりのステップ」が披露された。この楽曲は「新しい地図」の活動に、Warner Music Japan、作曲家・菅野よう子、作詞家・麻生哲朗が賛同し、書き下ろされたオリジナル楽曲となる。久々に公の場で歌った彼らは、歌っている間中、生き生きとした笑顔を見せながら観客を大いに盛り上げた。

[PR]

 同楽曲は3月19日より iTunes Store にて販売を開始し、6月30日にチャリティー販売を終了(その後は通常販売に変更される)。このチャリティー期間中に販売された楽曲は、売上金額の全てが寄付され、日本財団パラリンピックサポートセンターを通じて、パラスポーツの支援にあてられる。

 イベント終了後、報道陣の取材に応じた3人。「(人前で歌うのは)久々です。気持ちよかったですね」とかみ締めるように語った香取は、「歌うことと、応援してくださっている皆さんの顔を見ることがこんなにも好きだったのかと。改めて思いましたね」としみじみ。稲垣も「求めてくれる人が大勢いて、歌って通じ合うのは改めて気持ちがいいし、それが好きなんだなと思いました。人前で歌うのは久しぶりだったし。この青空の下で、歌詞の内容もピッタリなので、幸せな気分になります」とコメント。さらに草なぎが「新しい道を行ける気がした。誰もが新しい道が続いているんだよ、という歌詞は僕らの心情にピッタリです。全額寄付ということで。新しい地図では、ちゃんと見通しよく。いくら寄付されたか、わかるようになりますんで。皆さんもそこを見ていただければ」と続けた。

[PR]

 世間で話題となった72時間ホンネテレビ出演や、香取がまさかの出席を果たした「第27回東京スポーツ映画大賞」「第18回ビートたけしのエンターテインメント大賞」の授賞式など、ジャニーズ事務所退所後の活動を楽しんでいるように見える3人。そのことに触れられた香取は、「楽しいですけど……」と切り出すも、「常に必死ですよ。楽しいだけではなく、常に一生懸命なので。この一生懸命さからしたら、今日、こんなにたくさんの人が集まってきてくれてうれしいです」と正直な思いを吐露。そして「こうやって皆さん(報道陣)の前に、3人で立つのは初めてかもしれないですね」としみじみ付け加えた。

 2020年には東京でパラリンピックが開催されるが、草なぎが「このような形で少しでも手助けできたら。選手の方やボランティアの方にちょっとでも寄り添っていけたら。それが曲なのか、足を運んで応援するのかわかりませんが、ちょっとしたことでもできることがあればやっていきたい」とさらなるバックアップを誓った。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]