『ちはやふる』男子も魅力的すぎる!野村周平&新田真剣佑、太一と新に注目

『-上の句-』公開当時の野村周平と新田真剣佑(写真は2016年撮影)

 映画『ちはやふる -結び-』の公開を控え、9日の21時より日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて、『ちはやふる -上の句-』が地上波初放送される。広瀬すずふんする主人公・千早たちが競技かるたにそそぐ情熱はもちろんのこと、千早と2人の“男子”太一(野村周平)と新(新田真剣佑)の関係も気になるところ。本作では、太一&新それぞれの魅力も見逃せないポイントだ。

【写真】完結編でおなじみメンバーが再集結!

 『ちはやふる』シリーズは、末次由紀の人気コミックを実写化した青春ドラマ。高校の競技かるた部のメンバーたちの姿を活写した。『ちはやふる -上の句-』で映画初主演にして、日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を獲得した広瀬は一躍スターダムにのし上がった。そんな広瀬演じるヒロイン・千早と三角関係を見せるのが太一と新。

[PR]

 野村演じる太一は、千早の幼なじみ。スポーツ万能、頭脳明晰、家は金持ちかつイケメン、さらには性格も良いというハイスペック男子でありながら、それでも自分にないものを持つ千早や新にコンプレックスを抱いている。『-上の句-』『-下の句-』では千早の良き相棒のようなポジションで彼女を支える頼もしい面も際立つ。

 新田ふんする新も千早、太一とは幼なじみだが、家の都合で2人とは離れ離れに。茶髪の太一とは真逆のイメージで、黒髪でメガネをかけた新は、福井弁のゆったりとした話し方が特徴的。競技かるたの永世名人である祖父の血をひき才能を発揮する新こそが、千早と太一にかるたを教えた。それぞれに千早と関わっていく太一と新は、共に欠かせない存在であり、3人の関係は物語のキーでもある。

 そして、魅力的なキャラクターを演じる野村と新田もまた、注目を浴びる若手俳優。キャスト発表の際には「配役が逆では?」という声が上がったこともあったが、ふたを開けてみればそんな意見など寄せ付けない仕上がりを見せつけた2人。この出演がさらなる飛躍の後押しとなったとも言え、2016年に劇場公開された『-上の句-』『-下の句-』から17日公開の『-結び-』につながる役者としての成長ぶりも見どころに違いない。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]