「私はラブ・リーガル」ブルック・エリオット、新ドラマ決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
今度はちゃんと製作されますように! - ブルック・エリオット - Jonathan Leibson / Getty Images for SVEDKA Vodka

 テレビドラマ「私はラブ・リーガル」でジェーン・ビンガムを演じたブルック・エリオットが、タイトル未定のファミリーコメディーに主演すると The Hollywood Reporter などが報じた。

 手掛けるのは「マイネーム・イズ・アール」のエグゼクティブプロデューサーだったボビー・ボウマンで、精神障害を患っている父親と過ごした彼の子供時代にインスピレーションを得た作品とのこと。機能不全の一家が、それぞれの違いを乗り越え、支え合い、予想外のところに喜びを発見するというドラマ。

 ブルックが演じるのは母親のケリー・アンで、超楽しい人のよう。高校時代に出会った夫バズを愛してやまず、何があっても夫を支えてきた女性で、子供たちにも同じことを求めるという。夫が学位を取る間、仕事を掛け持ちしてやりくりしてきたケリー・アンは、ようやくデザイナーとしての自分のキャリアに時間をさけるチャンスを得るという。

 ブルックは2016年にオーストラリアのファミリー・コメディーのリメイクドラマ「アッパー・ミドル・ボーガン(原題)/ Upper Middle Bogan」に出演が決まっていたが、そのドラマは製作されずに終わっている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]